FWイガロ、愛するマンUに別れのメッセージ「生涯の夢」…今月末でレンタル期間満了

1

2021年01月27日 10:43  サッカーキング

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真イガロがマンUに別れ [写真]=Getty Images
イガロがマンUに別れ [写真]=Getty Images
 上海緑地申花からレンタル移籍でマンチェスター・Uへ加入中の元ナイジェリア代表FWオディオン・イガロが、自身の公式SNSを更新してマンチェスター・Uに別れを告げた。

 31歳のイガロは昨年1月に5月末までのレンタル移籍でマンチェスター・Uへ加入。イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードのケガなどに対応した緊急補強だったが、 FAカップ5回戦ダービー・カウンティ戦の2得点やヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16ファーストレグのLASK(オーストリア)戦のリフティング弾など印象的な得点を記録した。

 幼少期からのファンであるマンチェスター・Uでのプレーを望み、今月31日までレンタル期間を延長していたが、今シーズンはウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの加入もあり出場機会は限られていた。イガロは愛するクラブとの別れに際して以下のようにコメントしている。

「この夢が終わるのを見るのはとても難しいことだ。しかし、僕はマンチェスター・ユナイテッドのユニフォームを選手として着て、この素晴らしいクラブを代表するという生涯の夢を実現するのを助けてくれた神に感謝している。それは本当に名誉なことで、僕は永遠にこの思い出を大切にしていきたいし、感謝するだろうね」

「監督には私を信頼し、信用してくれてありがとうと言いたい。素晴らしいチームメイトには、寂しくなりそうだと言いたい。いつも楽しかった。またみんなと一緒にトレーニングしたり、楽しい時間を過ごしたりすることを楽しみにしているよ。そして今年はリーグとFAカップで優勝することを祈っている」

「世界最高のファン(マンチェスター・ユナイテッドのファン)には、本当に寂しいけれど、遠くからみんなの声が僕らを応援しているのは聞こえてくる。ファンがスタンドに戻ってくるのを待ちきれないね」

「僕はこれからもマンチェスター・ユナイテッドのファンであり続ける。今までもレッド、これからも常にレッドだ。ありがとうマンチェスター・ユナイテッド。神のご加護を」

https://www.instagram.com/p/CKhO4UulfXJ
    ニュース設定