掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)患者さんのための新サービス! 「PPP ノート」はLINEで無料・かんたん登録! 症状記録と受診をサポートします

0

2021年01月27日 16:10  QLife(キューライフ)

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

QLife(キューライフ)

掌蹠膿疱症患者向けLINE®サービス「PPP ノート」とは

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう・PPP)の治療は、医療機関を受診するときにお医者さんに症状をきちんと伝える必要があるので、ふだんからこまめに症状を記録しておくことが重要です。でも、忙しい日常のなかで症状をノートなどに記録するのは面倒ですし、たまの受診日をうっかり忘れてしまったことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 そこで、そんなPPP患者さんの日々の負担を軽減すべく、株式会社QLifeでは、PPP患者さんの症状記録と受診に役立つLINE®サービス「PPP ノート」(開発・運用:株式会社QLife、制作協力:ヤンセンファーマ株式会社)をリリースいたしました。
 LINE®に「PPP ノート」を友だち追加・登録するだけですぐに無料でご使用いただけます。  「PPPノート」の主な特長は、,佞世鵑両評や痛みの度合いをとても簡単に登録・管理できること、⊆診登録&お知らせ機能で受診忘れを防げること、です。
 症状や痛みの度合いは、LINE®トーク画面で当てはまるものを選ぶだけ。日々の症状の記録が容易になり、その記録をお医者さんに見せることで、診察がスムーズに行えます。また受診の日時と診察時に相談したいことを登録しておくと、指定のタイミングでお知らせを受け取ることができるので、受診忘れを防止し、短い診察の時間を有効に使えるようになります。

医療イメージ

2021年4月以降は、さらなるお役立ち機能の追加が予定されています。症状や痛みの度合いなど日々の記録の一覧表示、DLQIの結果の記録、症状の写真の記録と過去の写真の比較表示が可能になりますので、さらに便利にお使いいただけるようになります。

この機会にぜひ、「PPPノート」使ってみませんか。登録方法はこちらから。

「PPPノート」の特長と便利な機能

PPPの症状や痛みの度合いなどをLINE®上で簡単に入力・保存できます。トーク画面や「今日の記録」画面で、ご自身の症状や痛みにあてはまるものを6段階のスケールから選ぶだけ! 忙しい日常の合間時間で簡単に登録できます。

トーク画面で入力か、「今日の記録」画面で入力して登録完了

⊆診予定を登録すると、指定のタイミングでトーク画面でお知らせします。
お医者さんの受診が決まったら、登録画面から受信日時とお知らせを送るタイミングを簡単に登録できます。また、「受診の際に聞きたいこと」にチェックを入れておくと、お知らせ画面に表示されるので、診察のときのメモがわりになって便利です。

登録画面から受診お知らせ日時を登録

カレンダー画面で、症状の記録や受診日が一目瞭然! カレンダーの日付をタップすると、「今日の記録」へ、カレンダー下の「受診予定登録」ボタンから「受診予約登録」へ移動でき、新規登録や入力内容の確認・修正を行うことができます。

日付タップで「今日の記録」へ、「受診予定登録」ボタンから「受診予約登録」へ移動

「PPP ノート」登録方法

,使いのLINE®の「友だち追加」より、下の二次元コードを読み取り、「PPP ノート」を友だちに「追加」してください。スマートフォンからの友だち登録はこちらから。

QRコードを読み取り友だちに追加

⊇藉登録画面で、年代や性別などを登録すれば、完了です。すぐに便利なサービスをご活用いただけます!

初期登録画面
⇒元の記事を読む

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定