“骨盤”でランナーの弱点を見抜くサービス カシオとアシックスが3月に開始 専用「G-SHOCK」も

0

2021年01月27日 18:52  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真専用のG-SHOCK「GSR-H1000AS」とモーションセンサー「CMT-S20R-AS」
専用のG-SHOCK「GSR-H1000AS」とモーションセンサー「CMT-S20R-AS」

 カシオ計算機とアシックスは1月27日、ランナー向けのコーチングサービス「Runmetrix」(ランメトリックス)を3月に始めると発表した。腰に装着したモーションセンサーと専用の「G-SHOCK」でランニング中の姿勢を分析、フォーム改善に役立てる。



【その他の画像】



 生き物の構造や動きを力学的に研究する「バイオメカニクス」を応用。これまで専門の施設でしか計測できなかった人それぞれのランニングフォームや重心移動などを可視化する。



 腰にセンサーを装着するのは、骨盤の動きを検知するため。「身体の重心に近い腰は、ランナーの能力を見るのに最適。骨盤の動きでランニングフォームの特長が分かる」(アシックスのスポーツ工学研究所)という。



 新開発のモーションセンサー「CMT-S20R-AS」はGPSと9軸センサーを内蔵して重量は40g。クリップでウェアなどに固定する。バッテリーで約20時間動作する。



 センサーが取得したデータはスマートフォンアプリ「Runmetrix」(iOS、Android)を介して専用アルゴリズムで分析。アシックススポーツ工学研究所が持つビッグデータも活用し、20種類以上の指標を算出する。



 各指標はランナーに分かりやすい形に置き換える。例えばアプリ画面ではランニングフォームの特長を6角形のグラフやアニメーションで可視化。同時に改善点や練習プログラムを提示するなど「ランナーに寄り添った機能でモチベーションの維持向上を支援する」という。



 専用のG-SHOCK「GSR-H1000AS」を併用するとランニング中でもリアルタイムのデータを視認できる。数値を見ながら自分で姿勢を見直せる他、フォームの乱れを検知して通知する機能もある。



 対応機器の価格はセットで5万7200円、モーションセンサーの単品は1万4080円(いずれも税込)。全国の家電量販店やECサイトで3月4日に発売する。



 カシオとアシックスはRunmetrixを皮切りにスポーツとウェルネス分野の事業を共同で推進する考えだ。カシオの樫尾和宏社長は「カシオが持つウェアラブルデバイス技術とアシックスのスポーツ工学の知見を生かし、一人一人にパーソナライズした体験を提供する。ワンストップの総合サービスをタイムリーに提供するため、年内を目標に合弁会社の設立も検討している」としている。


    ニュース設定