キヤノン、MR用ヘッドマウントディスプレイ「MREAL S1」を発売へ

0

2021年01月28日 08:01  Techable

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techable

写真写真
キヤノンは、MR(Mixed Reality:複合現実)システム「MREAL」シリーズの新製品として、ヘッドマウントディスプレイのエントリーモデル「MREAL S1」を2021年2月下旬に発売する。価格はオープン価格。
キヤノンの技術を活用したMRシステム「MREAL」とは?「MREAL」は、現実の映像とCGをリアルタイムに融合するMRシステムだ。

同システムではまず、MREALディスプレイに内蔵されたカメラが現実空間の映像を撮影。その映像はコンピューターに送られ、コンピューター側でCGとの合成を行う。そして、合成映像がMREALディスプレイに表示されるという仕組み。キヤノンの高度な光学技術により、臨場感のあるMR空間が実現する。

キヤノンITソリューションズ株式会社の公式Webサイトには「MREAL資料室」というページがあり、事例動画なども公開されている。
シリーズ最小・最軽量のモデルに2月発売のMREALディスプレイ「MREAL S1」のセールスポイントは、なんといってもそのコンパクトさだろう。

ヘッドマウントユニットを含む本体サイズは約186×250×138mmで、質量は約338g(ディスプレイ部のみの質量は約137g)。シリーズ最小・最軽量となっており、使用時の負担を軽減する。

また、フリップアップ機構を搭載しているため、ヘッドマウントディスプレイを装着した状態から素早く目視に切り替えられる。

Webサイト「キヤノンビデオスクエア」では、「MREALで広がるビジネスの可能性」と題されたプロモーション動画も公開中。携帯性の向上により、さまざまなビジネスの現場での活用が見込まれる。

PR TIMES
キヤノンITソリューションズ株式会社

(文・早川あさひ)

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定