初めての電気自動車でも安心? マツダが「MX-30」のEVモデル発売

2

2021年01月28日 11:31  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
マツダがコンパクトSUV「MX-30」の電気自動車(EV)モデルを日本市場に導入した。欧州では2020年9月の発売以来、約1万台を売ったというマツダ初の量産EV。日本では需要が不透明であるため、年間500台の販売を計画しているという。バッテリー容量は35.5kWh、価格は451万円〜495万円だ。

○偶然? 価格帯は「ホンダe」と全く同じ

「MX-30」はマツダのコンパクトSUV。日本では2020年10月にマイルドハイブリッド(MHV)仕様を発売済みで、今回はEVモデルを導入する。グレードは3種類で価格は「EV」が451万円、「EV Basic Set」が458.7万円、「EV Highest Set」が495万円。偶然ではないと思うのだが、下が451万円、上が495万円という価格設定と35.5kWhのバッテリー容量はホンダのEV「Honda e」(ホンダe)と全く同じだ。

グレードによる違いを見てみると、例えば運転席/助手席のシートヒーターとステアリングヒーターは最上級グレードの「EV Highest Set」にしか付いていない。シートの材質は最上級がファブリック+合成皮革、それ以外はファブリック。最上級の運転席は電動でポジションが調整できる10wayパワーシートになる。ステアリングはエントリーグレードの「EV」がウレタン、ほかは本革巻。こんな調子でほかにもいくつかの違いがある。

MX-30のEVは駆動用バッテリーとして35.5kWhのリチウムイオン電池を搭載する。フル充電での航続可能距離は256キロ(WLTCモード)だ。動力性能は最高出力107kW(145ps)、最大トルク270Nm。

バッテリー容量35.5kWh、航続可能距離256キロという性能についてマツダは、通勤や街中での買い物といったデイリーユースを想定して決定したと説明する。バッテリーは容量の大小により、製造から廃棄までの間に排出するCO2の量が変化するが、マツダではこの点にも着目してMX-30のバッテリー容量を決めたそうだ。

「MX-30」(EV)ではバッテリーケースとボディを強固に結合し、剛性を向上させている。モーターを使って減速エネルギーを電力としてバッテリーに回収する「回生ブレーキ」の強弱は、ステアリングの後ろに付いているパドルで5段階の調整が可能とのこと。回生ブレーキによる減速度の強弱に加え、アクセルペダル(モーターペダル)を踏んだ際の加速度もパドル操作で同時に変化するそうだ。モーターペダルをオフにすることでクルマを停止まで持っていくことはできないので、停車の際にはブレーキペダルを踏む必要がある。つまり、日産自動車「リーフ」のような「ワンペダル操作」は不可能だ。

航続距離や充電などに対する不安から、EV購入を躊躇している人に対し、マツダは手厚いサポートを用意する。

まず、EV購入のネックとなる価格の問題については、ガソリンエンジン車と同じ条件で残価設定ローン「マツダスカイプラン」を使えるようにするとのこと。例えば3年のプランであれば、残価率は従来のガソリン車と同じ55%とする。マツダの説明によれば、3年のボーナス併用プランを選んだ場合、ボーナス10万円、実質金利1.99%、残価率55%という条件で月々の支払い額は3万1,918円となるそうだ。

そのほか、EV購入前の不安を払しょくするための「1DAYモニター試乗」、購入前から購入後まで、さまざまな困りごとをオペレーターに相談できる「EV専用ダイヤル」、バッテリーに優しい乗り方についてマツダコネクティッドサービスを介して助言する「バッテリーケアアドバイス」(2021年秋ごろサービス開始予定)などを準備し、EVに関する不安や悩みに対応する。(藤田真吾)

このニュースに関するつぶやき

  • ロータリー積んだシリーズハイブリッドまだー(チンチン
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 日本に写真のような駐車場が当たり前になれば一気に普及進むけどね。月極の青空駐車場ではガソリン車を選ぶしかない。インフラ整備計画無しに販売だけは片手落ちですからね…。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定