「うまい!うまい!」声を上げ、2日ぶりのご飯をガツガツ食べる子猫の動画が話題 ネットに絡まり身動き取れず保護

24

2021年01月28日 12:10  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

写真保護から2カ月後の響くん。少し大きくなりました
保護から2カ月後の響くん。少し大きくなりました

 2020年5月の夜、過去に地域猫の手伝いをした、ある地域の方から相談が入った。近くの住宅街から子猫の鳴き声がずっと聞こえるが、どこにいるか分からないという。連絡を受けたときは出先だったのですぐには向かえず、1時間ほど経ってから現場に駆け付けると、深夜にもかかわらず人だかりができていた。近所の人や通りがかりの人がレスキューしようと懸命に探していたのだ。

【写真】「うまい!うまい!」ガツガツご飯を食べる子猫

 その後、何とか子猫の場所が特定でき、近づいてみると園芸用ネットに絡まった子猫がそこにいた。首と腕の付け根にネットが何重にも絡まり、身動きが取れない状態。子猫は無事に保護できたが、近所の住民曰く、鳴き声は2日前から聞こえていたという。母猫からはぐれたのか、捨てられたのか。状況は分からないが、身動きが取れないまま、まる2日間飲み食いできず、外の環境で過ごしていたのだ。

 子猫は生後2カ月程の白キジ柄のオスだった。絡まったネットを解く時はシャー!と威嚇していたが、抱っこすると怖がることなく、おとなしくこっちを見てくる。とても可愛い子だ。早速、自宅に連れて帰り、すぐに子猫用のウェットフードを与えた。するともの凄い勢いで食べ始めた。驚いたのは、まるで人間のように「うまい!うまい!」と鳴きながら食べているのだ。

 その姿を見るとホッとした気持ちになり、ずっと見ていると面白くて笑いが出てしまう。のちほど、この時の様子を動画に記録してYouTubeにアップすると、凄い反響があった。

 幸い、子猫はとても生命力が強く、特に大きな病気やケガもなかった。当団体のサポーターさんが名前を響(ひびき)と命名してくれた。響は保護後の隔離期間を経て、他の猫達と対面した。すると怖がることもなく、すぐに猫達となじんだ。特に家猫のシンバとはとても仲が良く、毎日一緒にずっと遊んでいる。

 しばらくすると、譲渡会参加者やシェルター見学者から「響くんの動画を見ています」と声を掛けられることが多くなった。響とシンバのやり取りをアップしたYouTubeを見て、いつの間にかちょっとしたファンができていたのだ。ただ、それが裏目に出て、譲渡会では全く声が掛からない。というのも響の遊び方がとても激しく、それを見た里親希望者は家が壊れたら困ると避けているようだった。

 その後も何回も譲渡会に参加したが、なかなか譲渡先が決まらなかった。響も少しずつ大きくなり、新たな子猫の保護が増えたことで、自宅からシェルターに引っ越しをするか考えていた。

 そんな時、当団体のボランティアで過去に一度老猫の預りボランティアに協力してくれた家族が新たに子猫を迎えるか検討していることを知った。現在2匹のメス猫を飼っており、2匹目は1年前に当団体から迎えてくれた子である。

 そこで響の状況を伝え、預かりボランティアとして預かり、先住猫との相性を見ながらトライアルしてくれないかと申し出ると、快く了承してくれた。後日、響を届けに行くと、家族が楽しみに待ってくれていた。響の預かり兼トライアルが始まると、はじめは警戒していた先住猫達も徐々に慣れ、無事家族に迎えられることになった。

 特に1歳上のノアちゃんと仲が良く、はじめは遠慮がちに遊んでいた響も最近は本領発揮して元気に激しく走り回っているそうだ。もちろん、いまでも食べっぷりはいい。

(NPO法人動物愛護 福祉協会60家代表・木村 遼)

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 「うまい」とは言ってなくて、普通にネコの鳴き声でした。https://youtu.be/rUERbvGAjkQ なんか都合よく事実を捏造しそうな態度は嫌い
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • うまいうまいにゃ〜ǭ
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(10件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定