「3.11」思い起こして=地震直後のツイート地図表示

1

2021年01月28日 14:01  時事通信社

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真東日本大震災直後に投稿されたツイッターの投稿(仙台市内)
東日本大震災直後に投稿されたツイッターの投稿(仙台市内)
 東日本大震災から10年を迎えるのを前に、発生直後のツイッターの投稿を世界地図上に表示したサイト「東日本大震災ツイートマッピング」が公開された。地震から24時間以内の国内外の日本語のツイートのうち、位置情報が分かる約4200件のつぶやきを網羅した。

 東北の被災地や東京都内の混乱を生々しく実況する投稿が並び、サイトを立ち上げた東京大大学院の渡邉英徳教授(情報デザイン)は「当時の投稿に触れることで、あの日に思いをはせてほしい」と話している。

 宮城県七ケ浜町では「みんな生きてるか?」、同県石巻市では「母は避難したのか?」など切迫した投稿が見られた。交通がまひし、多くの帰宅困難者が出た東京都では、JR東京駅周辺で「八重洲から歩いて帰ることにした」「会社に泊まりだな」などのつぶやきも。米ロサンゼルスでも「全員の無事を祈っています」などと案じる投稿が相次いだ。

 渡邉教授は「投稿には非日常に直面した人々の率直な思いが写し取られている」と指摘。「つぶやきと地図を組み合わせることで、当時の状況が克明に見えてくるのではないか」としている。

 サイトのアドレスは「https://tweet.mapping.jp/」。 

東日本大震災直後に投稿されたツイッターの投稿(JR東京駅周辺)
東日本大震災直後に投稿されたツイッターの投稿(JR東京駅周辺)

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定