Google、一部の自社アプリでは「iOS版アプリでのトラッキング許可画面は表示しない」

0

2021年01月28日 14:32  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真 トラッキング許可を求めるポップアップ(画像:Apple)
トラッキング許可を求めるポップアップ(画像:Apple)

 米Googleは1月27日(現地時間)、米Appleが間もなく開始する予定のiOSアプリでのトラッキング許可画面表示義務付けへの対策について説明した。



【その他の画像】



 Appleは昨年のWWDC 2020で、ユーザーのプライバシー保護の一環として、Apple製品向けのアプリ開発者に対し、アプリが他社のアプリあるいはWebサイトでユーザーをトラッキングしたり、IDFA(Appleが端末にランダムに割り当てるID)にアクセスするためにはユーザーの許可を得ることを義務付けると発表した。「iOS 14」リリースのタイミングで実施する予定だったが、「開発者に対応の時間を与えるため」機能の追加を延期している。



 開発者は「AppTrackingTransparency」(ATT)フレームワークを使って、トラッキングしたり、デバイスの広告識別子にアクセスしたりする許可をユーザーにリクエストする。これにより、ユーザーの画面には右図のようなポップアップが表示される。ユーザーが「トラッキングしないようアプリに求める」をタップすると、トラッキングはできなくなり、ターゲティング広告の精度低下につながる可能性がある。



 Googleは公式ブログで、まずiOSアプリ開発者に対し、この機能追加で想定される収入源を最小限にするための対策を紹介し、それに続けて「われわれはどのようにATTに準拠しているか」を説明した。



 Googleは具体的にどのアプリとは明記していないが、「少数のiOSアプリ」で「ATTに該当する情報(IDFAなど)を使わなく」なり、「Appleのガイダンスに従って、これらのアプリではATTのポップアップを表示しない」という。トラッキングしないということなのかどうかは不明だ。



 Googleは「われわれは、App Storeのすべてのアプリに関するAppleのガイドラインを理解し、順守するために懸命に取り組んでいる」という。



 なお、同社はAppleがApp Storeにプライバシー情報セクションを開設してから一連のGoogleアプリのiOS版をアップデートしていないが、「(Googleの)iOSアプリが更新されれば、アプリページのプライバシー情報セクションが更新される」としている。



 ちなみに、米FacebookのFacebookアプリのプライバシーセクションは以下の通り。いかに多くのデータが利用されているかが視覚的に分かる。



 FacebookはAppleのこれらのプライバシー対策は「中小のアプリ開発者に損害を与える」として反対し、新聞広告まで出している。同日の業績発表では、2021年にはAppleのこの施策により「より重大な広告ターゲティングの逆風に直面することが予想される」と語った。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定