「麻雀を教えてください!」 須田亜香里&萩原聖人『打姫オバカミーコ』予告公開

1

2021年01月28日 20:42  クランクイン!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真『劇場版・打姫オバカミーコ』メイン写真 (C)2020 AbemaTV,Inc.
『劇場版・打姫オバカミーコ』メイン写真 (C)2020 AbemaTV,Inc.
 SKE48の須田亜香里が女流プロ雀士役で主演を務め、俳優の萩原聖人がヒロインの師匠役で共演する『劇場版・打姫オバカミーコ』より、予告編が公開された。

【動画】須田亜香里の泣き顔、真剣に勝負に挑む姿も 『劇場版・打姫バカミーコ』予告編

 原作は、麻雀漫画専門誌「近代麻雀」で7年間連載された片山まさゆきによる同名の人気麻雀漫画。本作は2020年9月からABEMAプレミアム限定で先行配信されたシリーズ5話に、配信版でカットされたシーンを加えて再編集した劇場版となる。天然キャラに加えて腕前に問題アリの女流雀士・丘葉未唯子が、かつて最強雀士と言われながら麻雀と訣別した波溜晴と最強ライバルに挑み、そして恋に落ちていく様をコミカルに描く。

 ヒロインの未唯子を演じるのは、SKE48でセンターも務めた須田。須田にとって本作は劇場用映画初出演にして初主演となる。ステージやバラエティー番組で見せる明るさそのままに、彼女ならではの未唯子像を創り出している。未唯子の師匠・波溜を演じるのは、俳優のほか現役Mリーガーでもある萩原。数々の麻雀番組で勝利に輝き麻雀の腕前は世に知られているものの、俳優として雀士を演じるのは本作が初となる。

 共演は、2人のライバル、我鷹愁と馬杉寧香を波岡一喜と百合沙が演じるほか、内山信二、じゃい(インスタントジョンソン)、小田あさ美らが出演。さらに、勝又健志、鈴木たろう、丸山奏子、神椰めい、松田麻矢などの現役プロ雀士、原作者の片山まさゆきも出演している。監督・脚本は『最果てリストランテ』『HARAJUKU 〜天使がくれた七日間〜』の松田圭太。

 周囲を呆れさせるほど実力がないJMP女流リーグの雀士・丘葉未唯子は、波溜晴に弟子入りすることを決意。波溜はかつてJMPのAリーグプロで、永遠のライバルである我鷹愁を破り風王位にまで昇りつめたが、彼の麻雀熱の高まりに反比例して妻との関係が冷めてゆき離婚に至ったことに心を痛め、風王位を捨てて引退していた。そのため弟子入りを必死に懇願する未唯子に対し当初は頑なに断っていたが、かつての自分の情熱を取り戻すために翻意する。

 未唯子は波溜から数々の極意を伝授され、女流リーグ戦に臨む。師匠の教えが功を奏したかに見えた未唯子だが、打牌などの基本動作がなっていないことを優勝候補の宝生れいらほか対局相手から次々と指摘されて、精神的に落ち込んでしまう。女流リーグの雀士は未唯子以外すべて我鷹の弟子で、彼女は孤立無援の状態だったのだ。孤軍奮闘の中、宝生との壮絶なデッドヒートを繰り広げる未唯子は、最終戦で宝生らと共にペアマッチ進出の権利を掴む。それと同時に、波溜に心を掴まれてもいた…。

 予告編は、未唯子(須田)が「私、麻雀プロなの。でも、麻雀で勝ったことがないの」と話し、波溜(萩原)に「麻雀を教えて下さい!」と懇願する場面からスタート。続いて、未唯子が波溜から教えを受けて奮闘する様子がコミカルに映し出されていく。映像の後半では、未唯子が波溜を抱きしめるシーンや、個性豊かな共演俳優たちも次々と登場。キュートな笑顔や感情を露わにした泣き顔、真剣に勝負に挑む姿など、須田の多彩な表情が満載の予告編となっている。

 『劇場版・打姫オバカミーコ』は、2月5日より池袋シネマ・ロサほか全国順次公開。
    ニュース設定