『ウチカレ』“沙織”福原遥の“津軽弁”に反響「まいんちゃんの津軽弁萌え」

3

2021年01月28日 21:02  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真福原遥  クランクイン!
福原遥  クランクイン!
 女優の菅野美穂が主演を務め、浜辺美波と親子役で共演するドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第3話が27日に放送され、福原遥ふんする沙織が唐突に津軽弁で話し出すシーンに、「かわいすぎる」「津軽弁萌え」といった反響が寄せられた。

【写真】福原遥、爽やかノースリーブ姿に反響「透き通る肌」「肌真っ白」

 本作は、恋愛小説家でシングルマザーの水無瀬碧(菅野)と彼氏ができたことがない娘・空(浜辺)の恋愛模様を描くラブストーリー。『愛していると言ってくれ』やNHK連続テレビ小説『半分、青い。』を手掛けた北川悦吏子が脚本を務める。

 福原ふんする沙織は、碧の担当編集者・橘漱石(川上洋平)の恋人。沙織は漱石を愛するがあまり同じ会社で同僚として働くようになり、彼の行動をGPSで追跡するなどストーカーまがいの行動に出ることも…。

 そんな沙織が漱石の行動を追跡していたところ、ひょんなことから碧の行きつけであり、空のバイト先でもある鯛焼き屋「おだや」に立ち寄る。沙織は、おだやの主人・俊一郎(中村雅俊)を相手に、涙ながらに話し始めると、GPSの件で漱石とケンカをしてしまったことや、交際して2年になることを打ち明ける。

 沙織は「わだし…何も持ってないんです…」となまりながら話すと「愛しか持ってねぇはんで…青森から男ば追って上京して来ました…」と告白。続けて沙織は「んでその男さ逃げられでまって…したら漱石が拾っでくれで…行き場のねぇ私ば…」と津軽弁で馴れ初めを明かす。

 沙織役の福原がいきなり披露した津軽弁に、ネット上には「津軽弁かわいすぎる」「津軽弁の遥さん最高かよ」「まいんちゃんの津軽弁萌え」(まいんちゃんは福原の愛称)などのコメントが殺到。さらに埼玉出身の福原が話す津軽弁についても「見事な津軽弁!」「イントネーションも話し方もすごくお上手」「津軽弁ネイティブすぎんか」といった声も相次いでいた。

このニュースに関するつぶやき

  • 今なお「まいんちゃん」のイメージが離れられない?このロ(不適切な表現につき削除されました!?)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • あー、山形弁推しの某が黙ってなさそうな…
    • イイネ!18
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定