菅田将暉が各界で重宝される理由 才能だけでない、時代逆行な“人たらし”っぷりで無双?

33

2021年01月29日 08:40  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真29日公開の映画『花束みたいな恋をした』で主演を務める菅田将暉(写真:鈴木一なり(C)oricon ME inc.)
29日公開の映画『花束みたいな恋をした』で主演を務める菅田将暉(写真:鈴木一なり(C)oricon ME inc.)
 2009年に『仮面ライダーW』(テレビ朝日系)でデビュー以来、年々活躍の場を広げている菅田将暉。今年もすでに映画主演作が3作公開を控えている。昨年は国民的アニメの映画『STAND BY ME ドラえもん 2』の主題歌に抜擢され、17日にスタートした竹内涼真主演ドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)の主題歌も担当。昨年11月には、松本人志と中居正広のトーク特番『まつもtoなかい〜マッチングな夜〜』(フジテレビ系)で甲本ヒロトの相手役にキャスティングされ話題を呼んだ。菅田将暉が俳優、音楽、バラエティと多岐に渡り重宝される要因とは。

【貴重写真】菅田将暉“中学時代”の兄弟スリーショット 父がブログで紹介

■1度共演したらみな親友? 80作出演の裏にプライベート濃厚付き合い説わんさか

 芸歴12年にして出演作80作超え、主演作も25作を超える菅田。デビュー以来途切れることのない活躍は、一作一作で周囲の心を掴んできたからこそだろう。名立たる監督らが「天才」と口を揃え、錚々たる共演者たちから毎度称賛の声が挙がっている。映画『アルキメデスの対戦』で共演した舘ひろしにまで「この顔で、このスタイル、あんだけ芝居がうまくて…女にモテないわけがない! 初めて僕は男に嫉妬を感じましたね」と言わしめているのだ。

 また、性別・年齢に関係なく、共演した人間の多くと異常なまでに仲良くなってしまうのが菅田将暉。小栗旬や松坂桃李は「弟のような存在」と語り、6歳差のある柄本佑も菅田の演技力について「嫉妬するほどの天才」としながら、プライベートでは互いに「菅田氏〜」「えもたす〜」と呼び合い、休日にノープランで集まると明かしている。同世代の中島裕翔と共演した際も、監督から「互いをリスペクトしているし、お前たちはゲイかと思うくらいベタベタ…本当に仲が良い」と言われ、山田涼介も「ずっと一緒にいると思います。同世代にこういうこと思える人はなかなかいない」と激賞している。

 菅田を主演に、野村周平、竹内涼真、志尊淳、千葉雄大ら若手俳優が集結した映画『帝一の国』では、間宮祥太郎が「クランクアップの日、将暉が全員にキスしてまわった」と明かし、菅田も「“ありがとう”っていう気持ちがあって、自然とキスした」と告白。10代の頃から共演している山崎賢人が自宅に来た際は「辛いのと甘いの両方食べたい」というカレーのリクエストに応え、山崎が寝ている間に2つとも作ってあげたというエピソードを披露している。

 同性に対してもこの“尽くしっぷり”だが、過去に交際報道が出たことがある二階堂ふみとのバラエティ共演の際にも驚かされた。『ぐるナイ』(日本テレビ系)で共演した際、報道に関しては双方が友人と完全否定しながらも、そのあまりに仲睦まじい雰囲気に、ナインティナインらに「間違いなく付き合ってる」と突っ込まれ、「よくおんぶはします」とあっけらかんと発言。

 恋愛に関する雑誌のインタビューでは、「体力があるので、どんなに忙しくても“会いたい”って言われたら行きます! 僕のことは24時間いつでも開いてるコンビニだと思ってもらえれば(笑)」「『あれが食べたい』と言えば一緒に食べるし、『ここに行きたい』と言えば一緒に行く。遊園地で不思議なかぶりものも一緒にかぶれます(笑)。記憶力はいいほうなので誕生日や記念日は忘れないと思うし、長男気質なので何かしてあげるのも好き」と珠玉の回答を連発し、SNS上で多くの女子から「神すぎる」と称賛されていた。

■ダウンタウンもさんまも懐に、音楽界でも“濃厚プライベート”から生まれたコラボ相次ぐ

 この近年稀に見る菅田の“人たらしっぷり”が、さらなる活躍につながっていることは間違いない。2016年に『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演したときは、憧れのダウンタウンを前に、便せん8枚もの手紙を涙ながら読んだことが大きな話題となった。のちに先述の『まつもtoなかい』では、松本も打ち合わせや制作に深く関わったそうだが、甲本ヒロトのトーク相手として菅田がキャスティングされていることからも、初対面にしてダウンタウンの2人の心を掴んだことは想像に難くない(甲本ヒロトの大ファンでもある菅田は、このときの目標は「泣かないこと」だったと後日、ラジオで明かしている)。

 また2015年の『さんまのまんま』(フジテレビ系)では、「生地選びに5時間かけて、ミシンも全部ボクが縫いました」と手作りのスカジャンを明石家さんまにプレゼント。その後、さんまの番組には度々ゲスト出演している。さらに以前、バラエティ特番の企画で若き日のさんま役を演じた際に猛練習したという吉田拓郎の名曲「人生を語らず」の弾き語りを披露すると、それを見たレコード会社の人が菅田に声をかけ、今日の音楽活動につながる…というまさかの“運”を引き寄せている。

 そして彼はこの界隈でも業界人を魅了することとなる。先日、MVが2億再生を記録したことでも話題になった米津玄師とのコラボ曲「灰色と青」は、米津からの熱烈オファーから生まれた。出会って早々「一緒に歌おう」と声をかけられ、「菅田くんでなければ絶対に成立しないと思ったから、どうしてもやりたいと無理を言った」とのこと。その後も「俺はまだ菅田将暉に歌わせたい曲がある」と発言しており、紅白出場曲およびレコード大賞特別賞受賞曲となった「まちがいさがし」も、米津が作詞作曲を担当している。

 「キスだけで feat. あいみょん」でコラボしたあいみょんに関しては、菅田がアクションを起こした。「初めてあいみょんの曲を聴いたときに勝手ながら縁を感じ、この人に会いたい!と強く感じたことを覚えています。会わなきゃ、というか、あんな衝動に駆られたのは初めてでした。そこからは早かったです」とのことで、人付き合いが希薄な令和の出来事とは思えない話である。

 何度もコラボしている石崎ひゅーいとの出会いも、「人生に数度あるかないか」の特別なものだったと語っている。米津にしてもあいみょんにしても、稀代の売れっ子であり、プロデュースや楽曲提供を依頼してもホイホイ受けてくれるものではないだろうが、事務所やレーベル主導ではなく、本人たち同士が惹かれ合って実現しているコラボであることが伺える。

 実際、2018年に菅田は「ここ1ヵ月くらいで5人ぐらいの人から(音楽を)一緒に作ろうよって声をかけてもらっていて」と話しており、その“5人”だったのかは不明だが、昨年はCreepy Nuts、石崎ひゅーい&亀田誠治、OKAMOTO'S、中村倫也と次々とコラボ曲を発表。彼と仕事をしたいという人は、俳優界でも音楽界でも後を絶たないようだ。

 そんな菅田について、アーティスト&俳優の大先輩でもある福山雅治は、「お芝居をやって、そして音楽をやってという人の音。僕、久しぶりですよ、そういう人の歌聴いたの。タイプは違うけど、松田優作さんの歌に近い感じがした」と話している。

■誰しも引き込む秘訣は“敗北感”?「天才」でありながら「普通」であり続けることの色気

 俳優、アーティスト、芸人等々、出会う誰もが彼に魅了される理由はどこにあるのか。それは、映画『セトウツミ』で共演した池松壮亮の言葉にヒントがあるように思う。「菅田くんは、労働的なものではない“疲労感”が色気につながっているんだろうなと思います。それが天性なのか、それとも菅田くんがいろんなものを見てきて、ちょっと早く大人になったからなのか? 彼はちゃんと敗北を知っていて、その敗北感も色気につながっているのかも。全然背伸びをせずに、ちゃんと一人で真っ直ぐに立っている。自分はさておき、同い年くらいの人を見てもそういう人はいないです」(ムービーウォーカー プレス/2016年7月1日)

 これだけの実力と人気を手にしながら、虚勢を張らず自身の弱さも余すことなく晒すことで、近くにいる者が“敗北感”を感じるというのだ。2年前の『Numero TOKYO』の取材で、菅田は「俳優としての自分の強みは?」という質問に対して、「“普通”なところ。長男でA型、右利き、髪もストレート、身長176cmで、データは普通なんです。顔だって濃くも薄くもなく、醤油顔、塩顔、ソース顔の中間にいるから役に寄せやすいのかもしれません。眉毛消したら「鬼ちゃん」になるし、オールバックにしたら『あゝ、荒野』みたいになるし。」と答えている。

 20歳にして日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した映画『共喰い』では、「ずっと怒られてたし、ずっと泣いてました」と、芝居の難しさに直面したことで、それまでつまらないと感じていた芝居に楽しさを見出し、「あの現場から僕はすべてがはじまった」と振り返っている。演技力に関しても、彼自身は「普通」と感じているのかもしれない。

 周囲に「天才」と言われながら、自身の最大の魅力は「普通」だと語る菅田将暉。しかし、何ごとに対しても徹底しようとする努力を怠らず、人見知りや引きこもりを公言する若手俳優が多い中、時代逆行な“人たらしっぷり”で老若男女問わず惹きつける。その背後には、人知れずいくつかの敗北感や挫折感を持つからこそなのだろう。菅田のいう“普通”は、ときには狂気となり、色気となって放たれながら、今後も多くの人々を魅了しつつ、本当に「令和の松田優作」なる活躍を見せてくれるかもしれない。

このニュースに関するつぶやき

  • なぜ人気か興味深い。ダウンタウンその回も見た。写真の中性的な所も関係ありそう。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 銀魂のぱっつぁんは名演だと思う…
    • イイネ!12
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(17件)

ニュース設定