懐かしのガラケー「INFOBAR」や「MEDIA SKIN」がミニサイズで蘇る!! バンダイのカプセルトイ「ガラケーコレクション 〜au ver.〜」がエモい

2

2021年02月01日 22:02  Pouch[ポーチ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Pouch[ポーチ]

写真写真

いまや懐かしのガラケーですが、ガラケー全盛期の頃に重要視されていたのは「携帯電話自体のデザインがイケてるかどうか」。

今でこそ、スマホケースやスマホリングなどでデザイン性を追究できますが、ガラケーにはそういったものがなかったからです。

このたび、バンダイから発売されるのはauの人気ケータイをマスコット化したカプセルトイ!

ケータイはすべて、数々の有名デザイナーを起用したKDDIの「au Design project」からラインナップされており、かなり胸アツ……!

「INFOBAR」や「MEDIA SKIN」が、可愛いミニチュアサイズになって帰ってきますよ〜!

【このラインナップはヤバイ】

2021年1月第5週から順次発売されている「ガラケーコレクション〜au ver.〜」(1回税込み300円)。

ラインナップは、

・INFOBAR(全4種)
・INFOBAR 2(全4種)
・MEDIA SKIN(全4種)
・シークレット(全1種)

の全13種類で、すべて全長約6cmのミニチュアサイズで再現しています。ボールチェーン付きなので、カバンなどにつけて持ち歩けちゃいますよ♪

【ビジュアルもギミックも楽しめる♪】

プロダクトデザイナー・深澤直人さんが手掛けたINFOBARシリーズは、オモチャのようなカラフルさが魅力で、デザインケータイの先駆けともいえる存在。

また、触り心地が独特で、見た目もスタイリッシュだったMEDIA SKINも大人気でした。

INFOBARとMEDIA SKINは、その美しさゆえ、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久収蔵品にもなったほど!

今回のミニチュアマスコットでは、ビジュアルを楽しめるのはもちろん、本体素材の質感やアンテナの出し入れ、蓋の開閉なども再現しているらしく、楽しみがいがありそうです。

【どこで買えるの?】

「ガラケーコレクション〜au ver.〜」は、全国の玩具売場、量販店、家電店などに設置されたカプセル自販機にて販売。

今もなお色褪せない、優れたデザインを、ミニチュアサイズで集めてみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリース、KDDI[1][2]
執筆:田端あんじ (c)Pouch
Photo:©2003 KDDI株式会社、©2007 KDDI株式会社、©BANDAI

画像をもっと見る

このニュースに関するつぶやき

  • ああああああああ懐かしい! 赤と白のタイルの携帯は、当時欲しくて欲しくてたまらなかったけれど、機種変のタイミングが合わなくて持てなかった…。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定