電動バイクMotoEの2021年エントリー発表。大久保光など8名が新規参戦

1

2021年02月04日 22:11  AUTOSPORT web

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2020MotoE第4戦エミリア・ロマーニャGP
2020MotoE第4戦エミリア・ロマーニャGP
 FIM(国際モーターサイクリズム連盟)は2月4日、開催3年目を迎える『FIM Enel MotoE World Cup』(MotoE)の2021年エントリーリストを発表した。

 MotoEはEnergica Motor Company(エネルジカ・モーターカンパニー)のスーパーバイク『Energica Ego Corsa(エネルジカ・エゴ・コルセ)』のワンメイクで2019年からスタートした電動バイクのチャンピオンシップだ。

 ロードレース世界選手権MotoGPとの併催でヨーロッパを中心に開催されており、今季はスペイン、フランス、カタルーニャ、オランダ、オーストリア、サンマリノで全6大会7レースが開催される予定だ。

 エストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDSが参戦を見送ったため1チーム減ったが、ライダー数は昨年と同様で、11チームから18名がエントリーしている。そのうち9名が継続参戦し、昨年王者のジョルディ・トーレス、2位で初代王者のマッテオ・フェラーリ、3位のドミニク・エガーターといったランキング上位陣は継続参戦する。

 新規参戦は8名となり、日本人ライダーの大久保光をはじめ、コランタン・ペロラーリ、ヨニー・エルナンデスなどの世界選手権を経験したライダーも戦いの場を移した。シートが決定していないのはポンス・レーシング40の1名となる。

 以下、2021年FIM Enel MotoE World Cupのエントリーリスト。

■2021年FIM Enel MotoE World Cup エントリーリスト(2021年2月4日発表時点)
No.RiderTeamNationality3ルーカス・トゥロヴィッチTECH3 E-RACINGドイツ6マリア・エレーラOPENBANK ASPAR TEAMスペイン9アンドレア・マントヴァーニTEAM GRESINI MotoEイタリア11マッテオ・フェラーリTEAM GRESINI MotoEイタリア14アンドレ・ピレスAVINTIA ESPONSORAMA RACINGポルトガル18チャビエル・カルデルスAVINTIA ESPONSORAMA RACINGアンドラ19コランタン・ペロラーリTECH3 E-RACINGフランス21ケビン・ザンノーニLCR E-TEAMイタリア27マティア・カサデイONGETTA SIC58 SQUADRACORSEイタリア40ジョルディ・トーレスPONS RACING 40スペイン51エリック・グラナドONE ENERGY RACINGブラジル54フェルミン・アルデグエルOPENBANK ASPAR TEAMスペイン61アレッサンドロ・ザコーネOCTO PRAMAC MotoEイタリア68ヨニー・エルナンデスOCTO PRAMAC MotoEコロンビア71ミゲール・ポンスLCR E-TEAMスペイン77ドミニク・エガーターDYNAVOLT INTACT GPスイス78大久保光AVANT AJO MotoE日本-TBAPONS RACING 40-
    ニュース設定