小川彩佳、不倫されたあげく8億円もらい損!夫の新株予約権放棄は慰謝料対策?

0

2021年02月07日 23:02  日刊サイゾー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

 そもそも結婚当初、愛はあったのだろうか?

 2月4日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、TBS系『NEWS23』でキャスターを務める小川彩佳の夫で、医療系企業『メドレー』の代表取締役だった豊田剛一郎氏の不倫スキャンダルをスクープ。お相手のAさんは小川と同い年で、女優・安達祐実似の美女だというが、「NEWSポストセブン」(小学館)では6日に、Aさんがインタビューに応じ、世間の注目を浴びている。

「Aさんは自身の『文春リーク疑惑』を否定。そのうえで、豊田氏が小川と結婚する前からの付き合いだと言い、結婚後は豊田氏のほうから関係継続を求めてきたと主張しています。小川からの電話に対しては、『結婚後の男女関係はない』と嘘をついたものの、家賃をほう助してもらっていた自宅で豊田氏と週3回会い、沖縄旅行では『言葉にできない素敵な夜』を過ごしたと明かしています」(芸能記者)

 自身が番組に出演している最中、夫は愛人と楽しんでいたのだから、小川の屈辱感は相当なものだろう。

「彼女は嵐・櫻井翔との破局後、すぐに今の夫との結婚という変わり身の早さだったため当時、多くの人が驚嘆したものでした。交際期間が短かったために、相手の見極めが甘かったのかもしれませんね。ともあれ、豊田氏は責任を取り、ストックオプション(新株予約権)の未行使分(16億円相当)についても放棄。さりとて、不倫された小川からすれば、離婚すればその半分の権利が発生していたはずですから、これも笑えない。あまりの用意周到さを見るにつけ、不倫がバレた時の慰謝料対策として、あらかじめ想定していたのではないかとさえ思えてしまいますね。代表取締役社長の瀧口浩平氏と豊田氏は幼馴染の関係だそうですから、クビになるどころか、離婚成立後になんらかの“補填”の密約があるのではという気もしてきます」(週刊誌記者)

 芸能系のネット掲示板が炎上しているのとは裏腹に、株価への影響も限定的だったことから、投資家が集まる掲示板は冷静そのもの。中には「メドレー、宣伝効果絶大で、認知度上昇!」と歓迎している人も。

 また、豊田氏の父親は、元大蔵官僚で衆院議員を2 期務めている。一方、小川の父親は慶應病院の医学部教授。豊田氏の政界進出も噂されていたことから、「お互いの両親の政略結婚に 片方の子どもが反旗をひるがえしただけでしょ」「平民にはわからん上流階級のはなし」と、達観したコメントも散見される始末。

 豊田氏は「キャスター妻」というトロフィーワイフが欲しかっただけ、とのそしりを受けても仕方がない状況にある。

    ニュース設定