志尊淳、岡田将生と理想のバレンタイントークで妄想全開「フォーリンLOVEですよ」

0

2021年02月10日 20:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

俳優の岡田将生志尊淳がW主演を務める映画『さんかく窓の外側は夜』の大ヒット御礼舞台挨拶が10日、都内にて開催。岡田、志尊、森ガキ侑大監督が出席した。


霊が祓える男・冷川を岡田が、霊が視える男・三角を志尊が演じる同作。“除霊”という特殊能力を使い、未解決事件に挑む冷川と三角の心霊探偵バディが、呪いを操る女子高生・エリカ(平手友梨奈)と出会い、真の敵“先生”と呼ばれる存在に挑んでいく。


岡田は「今日ちょっとテンション高いんですよ」と冒頭の挨拶からハイテンション。「全然自分の挨拶終わらせる気ないから」と志尊、森ガキ監督を差し置き、自分の出番を譲らなかった。


志尊は「珍しいね。まーくんがこんなにテンション高いのは」と岡田の様子を温かく受け止め、「うれしいですよ」と微笑んだ。


SNS用に、この日から使える新しいハッシュタグをキャスト陣で考えよう、というコーナーでは、岡田が「#さんかく窓しか勝たん」というハッシュタグを考案。フリップに記載しようとする岡田だったが、ハッシュタグという言葉自体を最近知った岡田はしどろもどろ。志尊から「漢字の『井』みたいなやつだよ」とアドバイスを受け、「シャープ...?」と小声で確認しながらなんとか記入していく。志尊から「あ『。』付けちゃだめ。ハッシュタグが反映されなくなっちゃうから。『!』もだめです。記号だめなのよ」と助言を受けながらどうにか書ききった岡田は恥ずかしそうにフリップを披露した。


またイベントの後半には、岡田と志尊が様々な質問に同じ回答ができるかを問う「バディ度診断テスト」を実施。「三角形といえば」という質問に岡田が「アップルパイ」、志尊が「はんぺん」と答えるなど苦戦しながらも、10問中7問一致でバディ度は70%となった。


問いの中で「バレンタインで憧れのシチュエーション」を答える場面では、岡田が「下駄箱」と答え、志尊が「朝、お弁当作ってもらう。改札でもらう。んで放課後また会う。フォーリンLOVE。」と長文で回答。


志尊は「同じ学校の設定なんだけど、付き合っているのは公然なんだよね。改札で『お弁当作ってきた』って言われ、そのお弁当食べーの、フォーリンLOVEですよ」と妄想全開。岡田も「朝登校してさ、『将生』って言われてさ、『なに?』っつったら、『チョコ』って。『うれしいね』って。靴しまってる時にさ、渡されるやつ」と語るなど、思い思いのシチュエーションを明かし合って楽しんでいた。


映画『さんかく窓の外側は夜』は大ヒット公開中!

©2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 ©Tomoko Yamashita/libre



    ニュース設定