松坂桃李の “オタク演技” を原作者が絶賛「昔の僕だ!と本当に思った」

2

2021年02月11日 10:00  ドワンゴジェイピーnews

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

ハロー!プロジェクトへの熱い愛と、大切な仲間たちとの出会いと別れを描いた、神聖かまってちゃんの元マネージャー・劔樹人による自伝的青春コミックエッセイ「あの頃。男子かしまし物語」(イースト・プレス刊)を映画化した『あの頃。』(2月19日よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー)。この度、新たに主人公・劔を演じた松坂桃李のメイキング写真が解禁された。




ハロー!プロジェクトのアイドルにのめり込んでいく主人公・劔(つるぎ)を演じるのは、『娼年』『新聞記者』などの話題作で様々な役柄に、果敢に挑み続ける松坂桃李。藤本美貴の魅力を熱く語るプライドが高くてひねくれ者のコズミン役には『今日から俺は!!劇場版』での今井役が記憶に新しい仲野太賀。石川梨華推しでリーダー格のロビ役に山中崇、痛車や自分でオタクグッズを制作する西野役に若葉竜也、CDショップの店員で、劔がオタク仲間と出会うきっかけを作るナカウチ役に芹澤興人

そして、ハロプロ全般を推すイトウ役に、本作が映画初出演となるお笑いコンビ「ロッチ」のコカドケンタロウ。映画、ドラマ、舞台と幅広い分野で活躍する実力派俳優陣が集結した。そのほか、大下ヒロト木口健太中田青渚片山友希西田尚美ら若手演技派からベテランまで魅力的なキャストたちが脇を固める。メガホンをとるのは、『愛がなんだ』や『mellow』『his』など次々に話題作を発表している今泉力哉。脚本は、これまで『南瓜とマヨネーズ』『素敵なダイナマイトスキャンダル』などで監督・脚本を手掛けてきた、冨永昌敬。また、ネット音楽シーンから頭角を現した新進気鋭の音楽家・長谷川白紙が劇判を担当する。

今回新たに解禁となったのは、“あやや”推しの主人公・劔を演じた松坂桃李の現場での様子を捉えたメイキング写真。これまで、『新聞記者』では真実に揺れ動く官僚、『娼年』では様々な女性を癒やす青年など、様々な役を演じてきた松坂。そんな松坂が今回演じるのは、自身初となる“オタク”役。すこし変わった設定でありながら、原作者である劔樹人本人を演じるということで、難しい点も多かったそう。しかし、劔本人は劇中でハロプロの魅力について語るシーンのトーク内容監修や、松坂のベース演奏指導などのために頻繁に撮影現場を訪れていたため、そんな環境が役作りをするための追い風になったという。劔の立ち姿や話し方はもちろん、「揺れながら近づいてくる(笑)」という細かい歩き方まで観察、習得し、表現している。

自身の役を松坂が演じると情報解禁された際、周囲から「劔さん役が松坂桃李くん!?」「どうなるの!?」という反応が多くあったと明かしている劔。しかし、出来上がった作品を一足先に観た関係者からは「松坂桃李くんが“あの頃の劔さんそのもの”だった…!」とその圧倒的な演技力に脱帽したコメントが相次いで寄せられたそう。劔本人も「松坂さんがベースを弾いているシーンで少しピントがぼやけた時に、昔の僕だ!と本当に思った瞬間がありました。こんなこと言うとみんなに怒られるんですけど(笑)でも出来上がった作品を見ても、やっぱり僕自身と重なりました」と松坂の演技を絶賛。

松坂は、野暮ったいビジュアルで哀愁も漂わせつつも“推し”を想い仲間達ともに青春を謳歌し、どこかキュートさを持つ劔樹人という主人公を演じ切っている。スクリーンに映し出される、普段纏っている空気を完全に捨て去り、紛れもなく“あの頃の劔樹人”を生きた松坂桃李の演技に、是非注目してほしい。


■映画『あの頃。』

2021年2月19日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
出演:松坂桃李 仲野太賀 山中崇 若葉竜也 芹澤興人 / コカドケンタロウ 大下ヒロト 木口健太 中田青渚 片山友希 / 山夢羽BEYOOOOONDS)/ 西田尚美
配給:ファントム・フィルム

(C)2020『あの頃。』製作委員会


    ニュース設定