ママ友の「幼稚園お別れ会」積立金を着服! お菓子やジュース1万円分をカゴ抜けした“万引き母さん”

1

2021年02月13日 19:02  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

 こんにちは、保安員の澄江です。

 仕事柄、お客さんが手に取る商品を見て回っているため、流行や景況感の変遷を実感できる立場にいます。コロナ禍以降、食品スーパーにおいては和牛肉や天然物のマグロといった高級品を手に取る方は減り、カゴの中はモヤシや玉ねぎ、練り物、プライベートブランドのインスタント食品、酒類などばかりが目立つようになりました。その一方、生鮮食品や菓子の売れ行きは悪いようで、売場に出す商品を少なくしている店も散見されます。棚から手に取れる商品も少なくなっているようで、カート上に商品を満載して持ち出すカゴヌケの手口を用いる被疑者が、いままでより目立って見えるのは気のせいでしょうか。今回は、先日に捕捉した“カゴ抜けママ”について、お話ししたいと思います。

 当日の現場は、東京都下のベッドタウンに位置する大型スーパーE。広大な駐車場を有する平屋建ての大型店舗で、生鮮食品から衣類、日用品のほか、ドラッグコスメやインテリアまで扱う地域の人気店です。かれこれ20年以上、お世話になっているお店なので、店長をはじめ、ほとんどの従業員に顔を知られています。居心地はよく、私にとって、お気に入りの現場の一つといえるでしょう。入館手続きを済ませて、バックヤードで行き交う従業員の方々と挨拶を交わしながら事務所に伺うと、店長さんはお休みで、代わりに特定エリアの保安関係を統括する立場にあるエリアマネージャーが対応してくれました。あまり会うことのない方なので、失礼のないよう緊張していると、大きなため息をついたエリアマネージャーに質問されます。

「店長の休みに合わせて、受け持ちの店を順番に見て回っているんだけど、この店の(商品)ロスが一番大きいんだ。なぜだと思う?」
「お店が広い割に、売場におられる従業員さんの数が少ないから、どうしてもやられてしまうでしょうね。魅力的な商品も多いですし、この辺の地域性も影響しているかと思います」
「そうだよね。この辺は外国人も多いし、やっぱり捕まえる以外の方法は、なかなかないか。じゃあ、今日もお願いします」

 ウンザリした表情で、肩を落とすエリアマネージャーに送り出される形で売場に入り、店内の状況を把握するために軽く店内を一周したところ、商品らしき化粧品の空き箱や除去された防犯タグの残骸など、過去に万引きされた痕跡が複数見つかりました。

(きっと、今日も現れる)

 限りなく確信に近い予感を胸に、死角箇所を中心にして巡回を始めます。長年の経験から断言できますが、こうした予感がした場合、必ず何かが起こるのです。

 午前中のピークを迎えた、午前11時過ぎ。肩にかけたコストコの大きなショッピングバッグを店内で下ろし、カートのフックにひっかけている30代前後と思しき女が目に止まりました。どことなくタレントの菊地亜美さんに似ている小太りの女です。彼女が押すカートには、幼児向けのスナック菓子やチョコレート、2リットルのペットボトルなどの商品が箱買いの状態で満載されており、なにかイベントの買い出しに来られているような雰囲気を感じます。

(あんなにたくさん、一人で大変ね)

 そんな思いで見守っていると、続いて複数のアイスクリームとオードブルセットをカートに載せた彼女は、レジの方へと向かって行きました。商品量が多いのが気になって、念のために精算確認をするべく注視すれば、レジ列の後方でフックにかけたショッピングバッグをカゴの上に広げています。あたかも精算を終えたような状態にして、混雑するレジの脇をすり抜けると、レジから一番離れたところにあるサッカー台に陣取りました。あまりに自然な動きに、我が目を疑うような気持ちにさせられましたが、なに一つ精算していないことに違いありません。特大サイズと呼ぶべきショッピングバッグに、全ての商品をきれいに詰めた女が、それをカートに載せて外に出たところで声をかけます。

「お客様、お店の者です。そちらの商品、ご精算いただかないと」
「え? あ、はい。すみません、払います」

 否認することなく素直に認めてくれたので、事務所まで来ていただくよう促すと、途端に態度を変えて言いました。

「いえ、レジで払います。時間ないので、ついつい出てきちゃっただけですから。本当に、ごめんなさい」

 そう言い放ち店内に向かってカートを押し始めたので、その手を押さえて制止すると、それを振り切るように走り始めました。制止しても聞く耳を持たずに、店内に戻ろうと強行するので、走って前方に回り込んで、カートの前に立ちはだかって制止します。

「いい加減にしないと、ここで通報しますよ。人目もあるから、落ち着いて」
「……わかりました。ごめんなさい」

 事務所に到着して話を聞けば、これから子どもが通う幼稚園でお別れ会があるらしく、早く行かなければと財布を片手に慌てていました。今回の被害は、計76点、合計で1万円ほど。お金を払わなかった理由を聞けば、初めこそ時間がないからだと言い張っていた彼女でしたが、盗品の精算をする段階になって、本当の理由が明らかとなります。

 通報を受けて臨場した女性警察官が犯歴照会をすると、彼女に前歴はなかったようで、被害は大きいものの、小さな子どもがいることもあって、今回は簡易処分で済ませることとなりました。警察署に連行される前に、盗んだ商品の精算を済ませてもらいます。

「現金の持ち合わせがないので、カードでお願いします」

 ところが、カードの利用が停止されているようで、何度やっても支払いが完了できません。困惑した様子で、ほかのカードがないか財布を弄る彼女に、女性警察官が言いました。

「これ全部、幼稚園のお別れ会で出すつもりだったんだよね?」
「はい、そうです。早く届けないと、間に合わない……」
「私も子どもいるからわかるけど、こういうのって、ママ友みんなの積立金で準備するものでしょう? あなた一人で支払うわけじゃないですよね?」
「……実は、私が会計係なんですけど、生活費が足りなくて使っちゃったんです」

 結局、身柄引受人として同居する彼女の母親が呼び出され、代金を支払ってもらうことで事態は終結。買い取った商品は、おばあちゃんの手によって、幼稚園まで届けられることになりました。自分の娘が一度手をつけた商品を買い取り、お孫さんをはじめとする皆さんの元に届ける心境は、どんなものだったでしょう。必死の形相で大量の商品を白の軽自動車に積み込み、慌てた様子で走り去る老女の姿を目の当たりにして、親になることなく余生を過ごす自分が、勝ち組のように思えた次第です。
(文=澄江、監修=伊東ゆう)

このニュースに関するつぶやき

  • 風来のシレンなら盗賊番と番犬が現れてボコボコだな
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定