中学受験、第1志望の大学付属に「不合格」特待合格狙いも「失敗」……それでも「やって良かった」と母が語るワケ

2

2021年02月14日 19:02  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

 “親子の受験”といわれる中学受験。思春期に差し掛かった子どもと親が二人三脚で挑む受験は、さまざまなすったもんだもあり、一筋縄ではいかないらしい。中学受験から見えてくる親子関係を、『偏差値30からの中学受験シリーズ』(学研)などの著書で知られ、長年中学受験を取材し続けてきた鳥居りんこ氏がつづる。

 コロナ禍の中で実施された今年度の中学受験だが、幸い大きな混乱もなく、ほぼ全日程を終了しつつある。つまり今は受験終了直後であり、各家庭では結果をめぐって、悲喜こもごもであろう。

 第1志望校に合格すれば「我が世の春」状態であるものの、昨今の中学入試は第1志望校に合格する子は5人に1人といわれるほどに厳しい世界。つまり「合格切符」を手にしていても、なお「第2志望校以下に合格」という結果に満足できず、人知れず泣いている家庭もたくさんあるのだ。

 関西地方に住む愛華ちゃん(仮名)の中学受験の結果は、3戦2勝1敗であった。

 初日の受験校A中学は「特待合格は間違いないですから、ここで特待を取って、自信を持って第1志望校を受験しましょう!」との塾の強い勧めで受験した、いわゆる滑り止め校。

 ところが、結果は「単なる合格」だったため、愛華ちゃんにとっても母である成美さん(仮名)にとっても、素直には喜べない合格であったという。

 「まさかの“特待なし合格”なんですよ。ええ、普通の“合格”ってことです。信じられませんでした。“入学金授業料全額免除”が確実だったはずなのに、普通の合格ってあり得ます? 実は塾には『A中学は、校風が愛華には合わないから、本当に受けていいのか?』と何度も聞いていたのですが、押し切られる形になって……。でも結局、私たちがそれを受諾したのがいけないんです。だから、これは『親の選択ミス』なんだと思ったら、頭が真っ白になってしまって、不安しかありませんでした」と成美さん。

 愛華ちゃんは何とか気を取り直し、翌日は第1望校である大学附属B中学に向かった。模試でも合格確率8割を切ったことがないという、ある意味“太鼓判”を押された本命校B中学は、親子ともにお気に入りの学校。しかし、どういう運命の悪戯か、結果はまさかの不合格だった。

「この3年間、愛華は本当に真面目に頑張ってきたんです。それなのに……。B中学に入りたくて、頑張ってきた愛華の願いをどうして神様は叶えてくれないの? って思っただけで、涙が止まらなくなって。愛華のほうが数万倍つらいでしょうに、私は本当にダメな母親です……」

 しかし、その翌朝、成美さんは愛華ちゃんの「変化」を感じたという。

「3日目は第2志望校C中学の受験日でした。親子で言葉少なく、C中学に向かったのですが、愛華がC中学の校門の前で、こう言ったんです。『ママ、私の受験はまだ終わってない。昨日は昨日、今日は今日。今日成すべきことをするだけ! 最後の勝負、行ってくるね!』って。びっくりしました。愛華がその瞬間、私を追い越して、すごく大人になった気がしたんです。愛華の顔がまぶしくて、輝いているように見えたので、ああ、愛華は『大丈夫』だと思えて、そこでも、また涙があふれました……」

 C中学の結果は合格。しかも「特進コース」という大学進学実績に関しては期待大のコースでの合格となったそうだ。

 受験が終わった愛華ちゃんは最近、成美さんに、ある宣言をしたという。

「ママ、私はC中学で頑張って、大学付属のB中学に行くよりも、いい大学に入るからね!」

 成美さんいわく、これは娘からの思いやりであり、「母のB中落ちショックを緩和しよう作戦」の一環での発言らしい。「愛華は本当にやさしくて、自慢の娘です」と言いながら、成美さんは、今の心境を次のように明かしてくれた。

「正直、B中学に対する未練はあります。B中学は私の憧れの学校だったので。でも、そんなこと、本当に些細な問題だなとも思えるようになってきました。愛華はたった3日間で、ものすごく成長したような気がするから。こんなに強い子なんだ、こんなに芯のある子に育ってくれたんだって……。我が子ながら『すごいな』って思いました。これを目の前で見られて、実感できただけでも、中学受験、やって良かったです!」

 中学受験終了組の母に、当時の話を聞くと、たびたび成美さんと同じことを口にする。

 中学受験は「我が子が成長する瞬間をこの目で目撃することができるもの」なのだ。これは、親にとっては合否を越えた天からのギフトであると思っている。今年も、たくさんの家庭にこのギフトが届けられていることだろう。

 愛華ちゃんは現在、来月には届くであろうC中学の制服を心待ちにしているという。

このニュースに関するつぶやき

  • 元虐待孤児が制服 歌人にhttps://news.nicovideo.jp/watch/nw2030869 https://www.facebook.com/gifuvola/videos/357986568474340/既報→https://youtu.be/7vREihXBVSY?t=3820
    • イイネ!9
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定