BEYOOOOONDS 山夢羽、偉大な先輩 松浦亜弥役の大抜擢に「プレッシャーもありました」

0

2021年02月19日 09:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

ハロー!プロジェクト所属のアイドルグループ、BEYOOOOONDS山夢羽(ゆはね)が映画『あの頃。』で大先輩・松浦亜弥を演じる。


同作は、松坂桃李がハロー!プロジェクトのファン、通称“ハロヲタ”役で主演を務めることでも話題。松浦は、劇中で松坂演じる主人公・劔(つるぎ)がハロプロにハマるきっかけとなったアイドルであり、作品の中でも重要な存在となっている。


“あやや”の愛称で親しまれ、アイドルファンの間でも伝説として語り継がれる偉大な先輩役への大抜擢に、うれしさと同時に大きなプレッシャーもあったという山が、撮影の裏話や『あの頃。』の見どころ、ハロー!プロジェクトの魅力を語った。


──まず、本作で事務所の先輩である松浦亜弥さんを演じると聞いてどう思いましたか?

松浦さんはハロー!プロジェクトメンバーみんなにとってすごく偉大で憧れの先輩なので、その松浦さんを演じると聞いて、すごくうれしかったと同時にプレッシャーもありました。松浦さんを今まで応援してきた方々に「松浦亜弥さんに見えたよ」と言ってもらえるように、少しでも近づけるように頑張ろうと思いました。


──原作者・劔樹人さんから「似てる方がいる」と直々に推薦があったそうですね。

普段から応援してくださっている方々に「雰囲気が似てるね」と言っていただくことはあったんですが、それが今回こんな形で繋がっているのはすごくうれしかったです。松浦さんは、普段から歌やダンス、トークなど様々な場面ですごく参考にしている方だったので、今まで私が見てきたものをこの作品で出せたらいいなと思いました。

──出演前にどんな準備をされたんでしょうか。

松浦さんがライブ中にされているMCやバラエティに出ている映像を観て、どういう声のトーンや表情でお話する方なのかをしっかりと研究しました。衣装も当時の衣装に合わせて作っていただいたんですが、それを着たら自分でも「松浦さんぽいかも」ってマジックがかかって(笑)、衣装ってすごいなと思いましたね。


──松浦さんとして登場した周囲の反応はいかがでしたか?特に松坂桃李さんは、松浦亜弥さんと同じ中学校の先輩後輩だったということもあって評価が気になります。

松坂さんには「すごく似てますね」と言っていただいて、それまでは不安もあったんですが、その一言で緊張が解けて撮影しやすくなりました。ありがたかったです。原作者の劔さんご本人も「ずっと雰囲気が似ているって思ってました」と仰ってくれて、すごくうれしいなと思いました。


──今作を視聴した感想を教えて下さい。

大人たちの“2回目の青春”という雰囲気が「いいな」と思いました。私も今、青春を過ごしている年なのかなと思うんですが、いつか大人になった時にもう一度作品のような青春が出来たらいいなと思いました。こんなにも日常の中でアイドルが大きい存在になっているんだなと思うと、そういう活動が出来ていることがうれしいですし、アイドルの話題を語り合える仲間がいるのは素敵だと思いました。私も誰かの人生を変えられるようなアイドルになれたらな、もっと頑張らないとなと感じました。

──山さんご自身が劇中のアイドルファンのように熱中した方はいますか?

私はドラえもんが大好きなんです。アイドルではないですが(笑)、ドラえもんに関しては毎日調べてますし、私の頭の中にあるのはいつもドラえもん。劔さんの部屋のようにグッズで埋め尽くされてます。みんなにもドラえもんの良さを知ってほしくて、ペチャクチャ喋っていることが多いんですが(笑)、国民的アニメなのでみんなすごく興味を持ってくれます。さすがドラえもんだなと思います。

──ちなみに一番好きなひみつ道具は?

「タンマウォッチ」という時間を止める道具があるんですけど、それが一番好きでずっと欲しいなと思っています。体育の授業で走って疲れた時に「時間を止めて休みたいな」とか、授業中に眠たくなった時に「時間を止めて寝たいな」というのを学校でひたすら考えてました(笑)。


──かわいい使い道ですね...。イタズラしようみたいなのはないんですね(笑)。

そういう悪い事は止めておこうかなと思います(笑)。


──山さんが思うハロー!プロジェクトの魅力とはなんでしょう。

グループひとつひとつに全然違うカラーがあって、でもどのグループも埋もれないくらい個性が強いのがすごいなと思います。特にパフォーマンス力の高さが一番の強みなんじゃないかなと思います。


──ご自身はアイドルを志すうえでなぜハロー!プロジェクトに所属することを選んだんですか?

歌とダンスがすごいなとずっと思っていたし、私は歌が大好きなので「ハロー!プロジェクトならたくさん歌を歌えるんじゃないか」と思って入りました。作品を観て、こんなにもたくさんの方から愛されているハロー!プロジェクトで、自分がBEYOOOOONDSとして活動できていることに改めて感謝しないとなと思いましたし、ハロー!プロジェクトの歴史を受け継いでいけるように、これからもっと活動していきたいなと思いました。

──劔樹人さんが松浦亜弥さんに魅せられたように、山さんにとって衝撃的だった出会いはありますか?

小さい頃、母にミュージカルの『アニー』を観に連れて行ってもらったんです。自分と同じくらい小さな子がステージで輝いているのを観たのが衝撃的でしたね。「私もこういう活動をしたいな」と思いました。ミュージカルを観終わったあとにCDを買って、毎日毎日聴いていました。BEYOOOOONDSでは寸劇を交えた曲も多いので、ミュージカルをたくさん観た経験も活かせているんじゃないかなと思います。


──劇中では握手会のシーンがありました。現実はコロナ禍で実際の握手会はしにくい状況ですが、対面することの良さはなんだと思いますか?

やっぱり直接目を見て「頑張ってね」と言ってもらえるとすごく頑張れますね。握手することで「私のことを応援してくれているんだな」というのがさらに伝わってくるし、直接会うことで私も応援してくださる方に感謝の気持ちを直接伝えることが出来るので、握手会は大切だなと思います。会える機会が少なくなって不安になることもあるのですが、ブログに応援のコメントをいただくことに感謝しないといけないなと思います。

──山さんにとってファンの方とはどんな存在ですか。

ドラえもんのような存在だと思っています。応援してくださる皆さんは色々な物や思いをくれますし、ステージに立っていてもみなさんの声援で頑張れるので「ひみつ道具みたいだな」と思いますね。今は会えない状態が続いていますが、みなさんにとっての元気の源でいたいですし、悩んだ時に頭に浮かぶのが私たちであってほしいなと思います。私も皆さんのドラえもんになるのが夢です。



『あの頃。』は2月19日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。


取材・文・写真:山田健史



    ニュース設定