「ぬら孫」椎橋寛の新連載がUJで、超常現象を収集・研究する機関描く浪漫奇譚

2

2021年02月19日 15:37  コミックナタリー

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真「岩元先輩ノ推薦」第1話の扉ページ。
「岩元先輩ノ推薦」第1話の扉ページ。
「ぬらりひょんの孫」の椎橋寛による新連載「岩元先輩ノ推薦」が、本日2月19日発売のウルトラジャンプ3月号(集英社)でスタートした。

【大きな画像をもっと見る】

「岩元先輩ノ推薦」は1910年代を舞台に、軍事利用可能な超常現象を収集、研究する機関で任務を遂行する陸軍栖鳳中学3年生・岩元胡堂を描く浪漫奇譚。第1話では岩元が機関からの命を受け、黒い雪が降るとされる村を調査することに。村を訪れ早速黒い雪の噂を調べ始めた岩元だったが、足場を崩して落ちてしまった地下で不思議な存在と出会い……。

なお今号では同じく本日1巻が発売された川西ノブヒロ「黄泉比良坂レジデンス」がセンターカラーで登場。岩井トーキ「FACE」、鯨川リョウ「オマエなんかに惚れてたまるかッ!!」の読み切り2本も掲載されている。

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定