藤木直人、白洲次郎役で『エアガール』出演 “娘”広瀬すずと久々共演

12

2021年02月20日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真広瀬すず主演、スペシャルドラマ『エアガール』(3月20日放送)に出演する(左から)藤木直人、松雪泰子、吉岡秀隆 (C)テレビ朝日
広瀬すず主演、スペシャルドラマ『エアガール』(3月20日放送)に出演する(左から)藤木直人、松雪泰子、吉岡秀隆 (C)テレビ朝日
 女優の広瀬すずが主演するテレビ朝日系スペシャルドラマ『エアガール』(3月20日放送 後9:00)。オンエアまで約1ヶ月となるなか、藤木直人、田中哲司、鶴見辰吾、真飛聖、橋爪功、松雪泰子、吉岡秀隆らの出演が発表された。

【写真】当時を再現した広瀬すずのCA制服姿

 広瀬が、戦後初のCA(キャビンアテンダント)役に挑む本作は、“空”へのあこがれを胸に、持ち前のチャレンジ精神で戦後初のCAとなったひとりの女性・佐野小鞠の奮闘を描く、感動のドラマ。小鞠の青春とともに、GHQに航空関係の活動を一切禁止されていた苦難の時代、日本の空を取り戻す、つまり《日本人の手で航空事業を立ち上げる》という壮大なミッションに挑んだ男たちの熱き戦いも見どころとなっている。

 小鞠と淡い恋を繰り広げるパイロット志望の青年役に扮(ふん)する坂口健太郎や、同期のエアガールを演じる山崎紘菜、藤野涼子、中田クルミ、伊原六花ら若手キャストに加え、今回発表されたキャスト陣が演じる味わい深い大人たちが、『エアガール』の世界を支える。

 中でも注目は、NHK連続テレビ小説『なつぞら』(2019年)で、広瀬演じるヒロインの“育ての父”を演じた藤木。「勝手ながら僕はもうすずちゃんの父親だと思っているので(笑)、久々に再会できてすごくうれしかったです」と、広瀬と再び共演できたことを喜んでいた。

 本作で藤木が演じるのは、終戦後、吉田茂首相の右腕としてGHQと渡り合い、新憲法の制定にも関わった実在の人物・白洲次郎。生き様や美学から“元祖ダンディー”とも評される白洲だが、日本の航空事業については海外企業に委ねるべきという考えを持ち、本作では小鞠たちとは相対する立場。彼らの前に立ちはだかる“大きな壁”として登場する。

 藤木は「まさか、自分が白洲次郎さんを演じることになるとは思ってもいませんでした」と今回のオファーに驚きながらも、今なおファンの多い白洲を演じるにあたって文献や映像に触れて役作りを重ね、撮影に臨んだという。

 松雪は、小鞠の叔母で、料亭の女将をしている佐野千代役。家族を失った小鞠を引き取って厳しくしつけるが、その根底に深い愛情があるという役どころだ。松雪は「彼女の中に小鞠という存在がしっかり流れている」と広瀬の演技に感服し、「小鞠ちゃんの成長を見ていただきたいですね。純粋にキラキラ真っすぐ進んでいく姿は、みなさんの胸を打つのではないかと想像しています」と“叔母目線”で見どころを語っていた。

 そして、吉岡は“戦後日本航空事業の父”とよばれる実在の人物をモデルにして作り上げた松木静男というキャラクターを演じる。「日本人の手に日本の空を取り戻したい」という熱い信念を抱き、不屈の精神で邁進する男だが、その佇まいの中にどこか温かみ、柔らかさも感じさせる人物。吉岡は「コロナ禍だからなおさら、かつてこういう人物が日本に存在したことを知り、うれしく思いました」と松木の情熱に感銘を受け、「今だからこそ大切に見てほしい作品ですし、みなさんにも感じ取れるものがたくさんあるドラマだと思います」と呼びかけている。

 さらに、《日本の空の自由》を切り拓くために心血を注いだ熱き男たち――「日本民間航空」設立に向けて尽力する柳沢誠二役に田中、その初代会長に就任する藤原一郎役に鶴見、柳沢の妻で、エアガールたちを温かく見守る立場の美代子役に真飛、そして、現代のシーンに登場する謎の老紳士役を橋爪が演じる。

このニュースに関するつぶやき

  • さっきたまたま大昔のラジオ番組をあらためて聴いてたんだけど、ちょうどその回では吉岡さんと内田さんが離婚した…って話をしていた。若い子は二人が結婚してたことも知らないんだろうね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • すずちゃん、コロナ感染以降、風邪薬のCM見ても、AGCのCM見ても、かつての輝きを感じないのは、なんでだろ?でもま、徐々に復活しつつあるのは、めでたいこってすが���ʥѡ������դ�
    • イイネ!8
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(4件)

ニュース設定