【前編】旦那が浮気。でも自分が拒否してのセックスレスが原因だから仕方ない……?

0

2021年02月21日 10:31  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ


歳を重ねていったり、子どもが生まれたことでおこる環境の変化から、“セックスレス”となる夫婦は少なくないようです。
東京イセアクリニックの調査「いい夫婦の日/パートナーに対して感じること(2015年の調査)」によると、20〜50代の結婚している男女のうち「現在、セックスレスだと感じている」と回答した人は51.4%でした。つまり2組の夫婦うち1組はセックスレスの可能性があるということ。
お互いが納得したうえでのセックスレスならば問題がないのかもしれません。しかしどちらかが納得していない場合、夫婦関係はどのように継続していけばよいのでしょうか。今回の相談者さんは、「セックスレス中の旦那さんの浮気」についての相談をしています。
『旦那が浮気をした。でも「当たり前だよな」って思う自分がいて、怒る気になれない。悲しいけれど、不思議と怒りはなくて……。旦那は40代、私は30代で子どもが2人(1年生と3歳児)います。

子どもが産まれてからは、専業主婦なのに思っていたよりママ友付き合いや子育てが大変で、旦那をないがしろにしていたと思います。セックスも月に1回あるかないかだったし、内心「外でしてくれたらラクなのに」って思っていたから、なるべくしてなった気しかしなくて。

旦那さんが浮気したときに怒れる人って、ちゃんと妻としてしっかりやっている人なんだろうなぁ。私は自分が旦那を避けていた自覚があるから、怒る権利がないように思えて逆に反省しちゃったし、「そりゃ、そうだよね」って思って本当に怒りがなくて。

ただ、自分から避けていたくせに悲しい気持ちなのが「勝手だな」って自己嫌悪。死にそうな気分。「結婚したからには、他の人とセックスしたらダメ」って言っても、私みたいに9割型拒否する奥さんだったら旦那さんはどうしたらいいんだろうね? 浮気されといて変なんだけど、「浮気されて仕方ないところもあったんじゃないかな」って思っちゃった。おかしいかな?』
浮気されたのに怒りは皆無で、ただただ悲しさだけが残っている……。自分がセックスを拒否していたのだから、おこるべくしておきた出来事なのではないかと考えている今回の投稿者さん。みなさんは妻側のセックスレスによる夫の浮気、どのように考えますか?
参考:PRTIMES「20〜50代の既婚・事実婚男女に聞く! / 2015年 『いい夫婦の日』 アンケート調査結果まとめ 」

セックスレスは浮気を許す理由になり得る?


もしも自分がパートナーからのセックスの誘いを拒んでいた場合、起こってしまった浮気を「仕方がない」と許すことができるのでしょうか。

「セックスレスならば浮気はしょうがない」


多くの女性が「セックスレスならば浮気はしょうがない」と覚悟をしているようです。
『セックス拒否する妻(夫)がいる人は浮気してもいいと思ってしまう』
『セックス拒否しているのならしょうがないよ。求めてきてくれているのに』
『セックスレスなら浮気普通じゃない? みんなそうだと思うよ』
意外にもママスタコミュニティでは、「自分が応じたくないならば、外で発散されるのは仕方がない」と思っているかのようなコメントが続きました。“食欲”と“性欲”では少し違うのかもしれませんが、「家に食べ物がないから外食をする」ことと同じように、「夫婦間でセックスがないから外で性欲を発散させる」ことに納得しているママさんもいるようですね。

「セックスレスでも浮気はありえない」


しかしその一方で、「セックスレスでも浮気はありえない!」という声ももちろんありました。
『許さないよ。寝不足で辛い子育て期間にそれを分かち合ってくれない旦那なんてありえない。それ以前に妻が大事なら性欲だけで動かないでしょ。しないから浮気OKなんて、そんなのは大事にしている人にすることじゃない。単身赴任している人なんてずっと会えてないけれど、それで浮気OKにはならないでしょ』
『世の中には独身でも彼女がいなきゃ、セフレも作らず、何年も自己処理して我慢している男性もいるのにね。ましてや結婚して子どもがいる立場で、「セックスが少ないから」と浮気するとかゲスすぎる。理性がないね』
もしかしたら“セックス=愛”と考えている女性は多いのではないでしょうか。セックスができない状態だからといって、他の女性に愛を求めるのは筋違い。ただの性欲であれば、「他の誰かではなく自己処理で完結すればいい」と考えているママさんも少なくありません。

双方さまざまな意見がありましたが、夫婦の関係性やお互いの性欲の差など、判断するには多くのものが関係してきます。こればかりは一丸に、「どちらの意見が正しい」と言いきることはできないのかもしれません。

セックスを拒否されることで愛情まで拒まれてしまったと感じる人もいる



相談者さんの旦那さんが浮気に走った理由は、やはりセックスレスが原因だったそうです。ただ、パートナーとのセックスレスは、「性欲が満たされるか満たされないか」だけの問題ではないようです。
『うちは産後から旦那がセックス拒否。私はもう家族だから抱けないんだって。母親や妹とセックスできないのと同じだって。「じゃあ、身体だけの浮気をして良い?」って聞いたら「それはダメ」ってさ。「俺も他の女性としないように我慢する」って。自分勝手過ぎる。子どもが大きくなったら浮気するよ私は。女のうちに、もう一度セックスしてみたい』
『読んでいたら旦那さんが自分とかぶって苦しくなった。私は拒否されていた側。言葉でも伝えたし努力もしたけれど結局だめだった。「もう愛されてない、嫌われている」って思ったよ。だから「浮気するね」って言って浮気した。今は旦那が大嫌い、離婚も決まってホッとしている』
『拒否された側は「人格否定されている感じがする」ってよく言うよね。男女どちらもだけど、男女として終わったって言われているみたいな気持ちにもなるだろうし、愛があれば相手の求めるもの望むものを与えてあげたい、喜ぶ顔が見たいって思うものだけれど……。求めているのに拒否されていって、愛も何も感じないし。拒否される側は本当に悩んで苦しんでいるよ』
相談者さんと逆の立場のコメントからは、拒まれる側としてのさまざな苦しさを読みとることができました。
セックスをすることでパートナーが自分のことを愛してくれていると実感することができる。女(男)として自信を持つことができる。反対に拒否されてしまったならば、自分の存在まで拒まれているかのように感じてしまう……。
セックスレスに悩む側からすれば、「愛する人とのあいだにセックスがあるか」というのは重要なことなのではないでしょうか?

パートナーとセックスができないからといって、浮気をすることが決して正しいことだとは言いません。しかしセックスを断られるたびに心が傷ついて、他の愛に走ってしまいたくなる人だっている。どちらかが納得していないセックスレスの場合、このことだけは忘れないでおきたいですね。

後編へ続く。

文・物江窓香 編集・古川純奈 イラスト・カヲルーン

■ママスタセレクトで読む

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定