冬の海で人が転落「まだ生きてる!」 漁師は船を出した

48

2021年02月23日 10:03  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真第2管区海上保安本部から感謝状を贈られた漁師の千葉鉄雄さん(右から2人目)と岡本義信さん(同3人目)、漁協職員の工藤篤さん(同4人目)と本庄尚哉さん(同5人目)=2021年2月19日午後2時8分、秋田県八峰町八森の県漁協北部支所、高橋杏璃撮影
第2管区海上保安本部から感謝状を贈られた漁師の千葉鉄雄さん(右から2人目)と岡本義信さん(同3人目)、漁協職員の工藤篤さん(同4人目)と本庄尚哉さん(同5人目)=2021年2月19日午後2時8分、秋田県八峰町八森の県漁協北部支所、高橋杏璃撮影

 海に転落した釣り人を救ったとして、第2管区海上保安本部(宮城県塩釜市)は19日、秋田県の漁師ら4人に感謝状を贈った。冬の荒波の中、自分たちで船を出して迅速に救助したことがたたえられた。


 秋田県八峰町の岩場「チゴキ崎」で釣り人が転落したとの一報が消防に入ったのは、昨年12月7日の午前7時半ごろ。ちょうどその時、犬の散歩のため現場付近を通りかかったのが、漁師の千葉鉄雄さん(74)だった。


 陸からでも、人影のような黒い点が沖合で波に合わせて浮き沈みするのが見えたという。「まだ生きてる!」。近くの岩館港に止めていた自らの小型一本釣り漁船「一星丸」を出すと決め、周りにいた漁協職員たちに声をかけた。


 漁師の岡本義信さん(72)と、漁協職員の工藤篤さん(58)と本庄尚哉さん(56)、救急隊員2人の計6人を乗せ、船は沖へ向かった。波は大荒れで、船内にも海水が入ってくるほど。魚をすくうためのタモ網の柄を釣り人の男性めがけて伸ばしてつかんでもらい、船を操縦する千葉さん以外の5人でなんとか引き上げた。


 男性は救急搬送されたがけがはなく、その日の夕方には漁協にお礼に来たという。千葉さんは「もう少し流されていたら、行かれなかった。助けられてよかった」と話した。


続きはこちら

このニュースに関するつぶやき

  • まぁ、とにかく無事で良かった。批判や厳しい声もあるけれど釣りに行く人は天候もよい日を選ぶ、ライフジャケット着用、単独行動はしないことだね
    • イイネ!8
    • コメント 6件
  • 美談ですが風に煽られる様な日に釣りに出掛ける時点で間違ってる。そんなだから全国の港で釣り禁止になるんだよ。SNSでは釣り人の愚痴で溢れ返っているがお前らの態度が招いている事を理解しなさい
    • イイネ!21
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(33件)

ニュース設定