NASAが火星探査機のパラシュートに込めたメッセージとは?

34

2021年02月24日 10:02  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真 Perseveranceのパラシュート画像(Credits:NASA/JPL-Caltech)
Perseveranceのパラシュート画像(Credits:NASA/JPL-Caltech)

 米航空宇宙局(NASA)は2月22日(現地時間)、火星着陸に成功した火星探査機「Perseverance」(忍耐という意味)から送られてきた映像について解説する動画を公開した。この中で、着陸に使ったパラシュートに込めたメッセージを解読するよう視聴者に呼び掛けた。その6時間後にはパリ在住の学生、マクセンス・アベラさんが答えをツイートした。



【その他の画像】



 ジェット推進研究所(JPL)のシステムエンジニア、アル・チェン氏はパラシュートについての解説中、「われわれは時々、人々が見つけてくれることを期待してメッセージを残すことがあります。それを見つけてみてください」と語った。



 アベラさんの答えは「dare mighty things」。これは、第26代米大統領、セオドア・ルーズベルト氏の名言「Far better it is to dare mighty things, even though checked by failure, than to take rank with those poor spirits who neither enjoy much nor suffer much」に由来する、たとえ失敗に阻まれようとも、あえて強大なものに取り組む方がいいという意味の言葉だ。



 これは、Perseveranceチームのモットーで、JPLのミッションコントロール室の壁にも掲げられている。



 Perseveranceチームのチーフエンジニア、アダム・ステルツナー氏は正解が出たことを受け、「6時間でインターネットがコードを解読したようだ! インターネットでできないことなどあるんだろうか?」とツイートし、種明かしした。パラシュートの赤と白のパターンの赤を1に、白を0に置き換え、10文字に分割し、64を追加するとASCIIコードに変換できる。また、パラシュートの外縁のパターンはJPLのジオロケーションコード「34°11’58” N 118°10’31” W」を表している。


このニュースに関するつぶやき

  • 火星探査機って、ホント火星に行ってる。NASAは偽装オンパレードだから。。そしたらこんな画像が。。https://twitter.com/nakQra_gunma/status/1364911953047511045どっかの砂漠で撮影したんじゃんない?影が映るって?
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 火星人捕まえて食べてみたら美味くなかった。「マーズぅ(-_-)」。 https://mixi.at/a3COew4
    • イイネ!23
    • コメント 7件

つぶやき一覧へ(21件)

前日のランキングへ

ニュース設定