「私は本気なのに…」“都合のいい女”にならないために注意したい7つのこと

3

2021年02月24日 15:01  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
「いつも私ばかりが好きな気がする」「相手にとって都合のいい存在にされることが多い」など、都合のいい女にされる女性は決して少なくありません。

「コイツにずっと尽くしたい!」 男性が手離せない“愛され彼女”の3大行動

都合のいい女になりたくないと思っても、いつの間にか「都合のいい女」になっていることも……。

そこで、この記事では都合のいい女になってしまう女性がやりがちな7つの行動をご紹介します。心当たりがないかチェックしてみてくださいね。

■都合のいい女にならないで!注意したい7つのNG行動

■1:急な誘いでも断らないことが多い

「今から来ない?」「今日ドライブ行かない?」など、急な誘いを受けたとき、断らないことが多い女性は都合のいい女にされやすい傾向にあります。

男性としては、「ヒマなときに会える女性」は手軽な暇つぶしといった存在に見えてしまうもの。「誘えば来る」と男性に思わせてしまうと、一気に都合のいい女という立ち位置にされてしまいます。

好きな男性からの誘いは全て受けたい!という気持ちも分かりますが、ときには思い切って「そんな急じゃ無理だよ」と断ることも大切です。

■2:会うときはいつも体の関係を持つ

好きな男性と会うとき、いつも体の関係を持ってしまうことはありませんか?

体の関係を持つこと自体は決して悪いことではありません。しかし、「会う=体の関係を持つ」という関係が成り立ってしまうと、男性としては「求めたくなったら会えば良い」という認識になってしまうのです。

とくに、付き合っていない段階で体の関係を持ってしまうと、より一層都合のいい女として扱われやすくなるもの。

「デートするだけ」「お茶をするだけ」など、会う=体の関係を持つという図式にならないように注意してください。

■3:見た目や雰囲気を彼好みに寄せすぎる

「好きな人の好みの女性になりたい!」と考える女性は多いです。男性に対するアプローチ方法の一つでもありますので、積極的に取り入れる女性もいるでしょう。

しかし、見た目や雰囲気を相手の好みに寄せすぎるのはNGです。髪型から服装、持ち物、雰囲気に至るまで好きな人の好みに寄せすぎてしまうと、「彼のため」があからさまに出てしまいます。

男性に「俺のためにここまで尽くす女性」というレッテルを貼られてしまい、結果的に都合のいい女として扱われることでしょう。

見た目や雰囲気を好きな人好みにする場合は、あくまでも「一部のみ」にとどめることが大切です。

全身を彼好みに寄せるのではなく、「髪型のみ」「服装のみ」「全体の色合いのみ」など、一部分にスポットを当ててイメージチェンジをしてみてください。

■4:ドタキャンを許すことが多い

男性からドタキャンをされたことがあるという女性は多いのではないでしょうか。誰にでも、急にどうしても外せない用事が出来てしまうことはありますので、必ずしも「ドタキャン=悪」とは言い切れません。

しかし、何度もドタキャンされていて、何度も許しているという場合は気をつけたほうが良いでしょう。

ドタキャンを許すことが多い場合、相手は「急に断ってもいい女性」と判断します。そのため「とりあえず約束をとりつけておき、別の用事ができたらそちらを優先する」といったことになるのです。

何度もドタキャンをされる場合や、たいしたことのない理由である場合などは、自分の本音を打ち明けることも大切でしょう。

■5:相手の生活リズムに自分の生活を合わせている

自分の生活を相手の生活リズムに合わせているという女性は注意が必要です。

例えば、好きな人が夜勤の日に「休憩時間に連絡を返せるように自分も深夜に起きている」ということはありませんか?

相手の生活リズムに合わせすぎると、男性からすれば「都合のいい女」にしか見えません。「彼のため」という気持ちになりがちですが、傍から見れば尽くしすぎといえます。

連絡のタイミングやデートのタイミングなどを考えると、相手の生活リズムに近いことが理想ですが、相手に合わせすぎるのはやめたほうが良いでしょう。

■6:「認められたい」「必要としてほしい」という気持ちをぶつける

「彼に認められたい」「私を必要としてほしい」など、自分を求めてほしいという気持ちをぶつける女性は、都合のいい女性にされやすい傾向にあります。

「認められたい」「必要としてほしい」という女性の気持ちを悪用する男性は実際に存在するものです。あらゆる頼みごとをして、女性の満足感や承認欲求、達成感を刺激しようとしてくるかもしれません。

男性に頼ってもらえることに幸せを感じるのは決して珍しいことではありません。しかし、あまりにも度が過ぎると「都合良く使われる女性」という存在になってしまいますので注意してください。

■7:見返りを求めなさすぎる

「尽くしてばかりで見返りを一切求めない」など、見返りを求めなさすぎる女性も注意が必要です。

好きな男性のためにやっているのに見返りを求めるなんて!と思う女性もいるかもしれません。しかし、見返りを求めなさすぎるということは、男性が「無償で何でもしてくれる」と勘違いする可能性があります。

次第に要求がエスカレートして、どんどん「都合のいい女性」にされてしまうでしょう。



「都合のいい女」にされてしまう女性は、意外にも同じことをやりがちです。

男性に対して盲目的になりやすい女性ほど、都合のいい女にされてしまいますので、心当たりがある女性は注意しなければなりません。

「男性と純粋な恋ができない」「いつも自分の立場が低くなってしまう」と感じている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

このニュースに関するつぶやき

  • 尽くすタイプの女性は、知らず知らずのうちに、自ら「都合のいい女」を演じてしまっているのかもしれませんよexclamation & question
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 『次第に要求がエスカレートして、どんどん「都合のいい女性」にされてしまうでしょう』‥‥ウレぴあ総研の一部のライターも、次第に男への要求をエスカレートさせて愛情を試すようなこと、けしかけてませんかねぇ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定