デレ・アリがオーバーヘッドキック弾! トッテナムが2戦8発でEL16強に進出

0

2021年02月25日 03:54  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真1ゴール2アシストを記録したデレ・アリ [写真]=Getty Images
1ゴール2アシストを記録したデレ・アリ [写真]=Getty Images
 ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦(ラウンド32)のセカンドレグが24日に行われ、トッテナムとヴォルフスベルガー(オーストリア)が対戦した。

 ファーストレグではトッテナムが敵地で4−1の快勝。大きなアドバンテージを持ってヴォルフスベルガーをホームに迎えた。トッテナムはFWハリー・ケインやFWソン・フンミン、GKウーゴ・ロリスなど主力を温存。FWカルロス・ヴィニシウスを頂点にMFデレ・アリ、MFエリク・ラメラなどが先発入りした。

 試合を動かしたのはトッテナムだった。10分、エリア手前でボールを受けたデレ・アリが右サイドのマット・ドハーティに展開すると、折り返しを後ろ向きで収め、浮いたボールを右足でオーバーヘッドキック。これがゴール左に決まり、先制に成功した。

 ヴォルフスベルガーは34分、右サイドでボールを受けたミヒャエル・ノバクからのクロスにミヒャエル・リーンドルが左足で合わせるが、シュートはGKジョー・ハートにキャッチされた。トッテナムは43分、右サイドからのクロスにカルロス・ヴィニシウスがヘディングで合わせるが、枠を捉えることはできなかった。

 トッテナムは44分、決定機を迎える。カウンターを発動すると、ラメラからエリア内でスルーパスを受けたカルロス・ヴィニシウスが相手GKと1対1になる。GKが飛び出してきたところを左足で交わし、角度のない位置からシュートを放つが、戻ってきた相手ディフェンダーにカットされた。

 1点ビハインドで後半へ折り返したヴォルフスベルガーは49分、スルーパスに抜けたシェイク・ディエングがGKと1対1になるが、戻ってきたエリック・ダイアーに防がれてシュートに持ち込むことはできなかった。

 するとトッテナムは直後の50分、追加点を奪う。左サイドのエリア手前でボールを受けたデレ・アリが右足でクロスを上げると、これをカルロス・ヴィニシウスがヘディングで叩きつける。ボールはゴール右下に突き刺さった。

 試合を優位に進めるトッテナムは54分、エリア手前で獲得したFKの流れからラメラがエリア内右に抜け、右足でシュート。しかし、これは相手GKにセーブされた。トッテナムは69分、ラメラに代えてギャレス・ベイルを投入する。

 トッテナムは73分、点差を広げる。エリア内右に走りこんだベイルがデレ・アリのスルーパスから左足でダイレクトシュート。これがゴール左に決まり、3点差とした。トッテナムは81分、デレ・アリに代えてデーン・スカーレットを投入する。

 止まらないトッテナムは83分、途中出場のスカーレットが相手エリア付近でボールを奪うと、これをカルロス・ヴィニシウスが左足のダイレクトシュートでゴール左に決め、4点差とした。

 試合はこのまま終了。トッテナムが2戦合計8発でヴォルフスベルガーを下し、EL決勝トーナメントのラウンド16進出を決めた。

 ラウンド16の組み合わせ抽選会は26日に行われる予定となっている。

【スコア】
トッテナム 4−0(2戦合計:8−1) ヴォルフスベルガー

【得点者】
1−0 10分 デレ・アリ(トッテナム)
2−0 50分 カルロス・ヴィニシウス(トッテナム)
3−0 73分 ギャレス・ベイル(トッテナム)
4−0 83分 カルロス・ヴィニシウス(トッテナム)

    ランキングスポーツ

    ニュース設定