【後編】保育士の義妹が私の娘のおさがりを勝手にあげる約束をしてきた!しかも相手は園の保護者……?

1

2021年02月25日 10:31  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ


保育士の義妹が特定の保護者におさがりをあげると約束をしてきたことに唖然とした投稿者さん。しかも義妹があげようとしているおさがりは、事前にまったく相談されてもいない自分の娘のものでした。それを言われたときの驚きは相当だったことでしょう。さてその件について旦那さんと義母が義妹を問いただしたところ、義妹の口からはさらにびっくりするような発言が飛び出しました。

義妹がおさがりをあげようとしていた理由とは……


『旦那と義母が「どうしてそんな約束をしてきたの?」と問いただしたら「どうせお母さん(私から見たら義母)が買ったものなんだからいいじゃん」と言われた。もうびっくり。義妹は義母が娘の服を買っていると思っていたようで、私が気に入った服だけを頻繁に着せているから、着ていないものがもったいないと思ったらしい。ちなみにそんな事実はない。お出かけとか来客があるときは綺麗な服を着せているから、たぶんそれが欲しいんだと思う。もしかしたら義妹も引くに引けなくて意地になっているのかも……』
なんと義妹は、投稿者さんの娘さんが着ている服はすべて義母が買い与えたものだと思い込んでいたようです。もちろんそんな事実はなく、娘さんの服は投稿者さん夫婦で買ったものがほとんど。それを説明しても義妹は「それでもおさがりはあげる」と言い張ったようで、投稿者さんは「義妹も意地になっているのかもしれない」との見解を示しました。説得をしてもまったく聞き入れる様子がない義妹の態度を見て、旦那さんが最終手段に出たようです。

最終手段!義妹の保育園に連絡をした旦那さん

『旦那が義妹の勤める園に電話した。保護者とプライベートな付き合いをしていること、それに自分の妻と娘が巻き込まれたこと、教育者として自覚が薄いこと、これはもう家庭内で収まる問題ではないことなどを伝えた。するとなんとほかの保護者からも義妹が個別でお下がりをあげる約束をしていたとクレームが来ていたらしく、事情を聞くことも含めて会議を開くとの返答があったそう。結構な大事になってしまったみたいだけど、とりあえず義妹の出方次第で私も対応していこうと考え中』
旦那さんは義妹が勤める園に今回の経緯を連絡しました。するとほかの保護者からも「先生が特定の保護者をえこひいきしている」とのクレームが入っていたようで、今回の出来事についての会議が開かれる運びとなったとのこと。すで家庭内の問題では済まされない展開になったようです。

園での会議を終えた義妹は……



園から今回の出来事について注意を受けた義妹は、泣きながら帰宅したそうです。
『義妹が遅めに帰宅した。泣き腫らした顔で、義母に「私が間違っていた」「馬鹿だった」とポツポツこぼしながら涙をポロポロ。私も謝罪されたけれど正直何も響いてこなかった。どうやらその保護者とは誰もいないところで話していたつもりが、たまたま通りかかった別の保護者に聞こえていて「公私混同をしている」とクレームがあったらしい。一応勤務は続けるみたいだけれど、これからどうなるかなぁ』
園での会議が相当堪えたのでしょうか、義妹は帰宅後に泣きながら「自分が間違っていた」と話していたようですね。きっとここまでの大事になるとは思っておらず、軽い気持ちで仲のいい保護者と約束を交わしてしまったのでしょう。むしろ相手に物品が渡る前に今回のことが発覚してよかったのかもしれません。
この結末にママたちもコメントを寄せてくれました。
『旦那さんが素早く対応してくれてよかったですね。やらかしてしまった義妹さん、保育士としての自覚がなかったですね。保護者との関わりは年々厳しくなっていて、今の時代は特定の保護者と仲良くなると周りからも同僚からもよく思われないから、園の対応も妥当だと思います。学校や実習で教わらなかったのかな? あとは指導してもらって頑張れるか頑張れないかですね』
『義妹さん、誰もいないところで話してたということは、聞かれたらマズい内容だと理解していたんだね。同じ職場で周りを逆恨みせずに更生できるかどうかだね。一旦やらかした事実は消えないし、失った信頼を取り戻すには時間も必要だからね』
今回は失敗をしてしまった義妹。園からの信頼も失ってしまったのではないでしょうか。しかしこの出来事をきちんと反省して今後の仕事に活かすことで、ひと皮むけたいい先生になれるかもしれませんね。さらに投稿者さんに対しても、無断でおさがりをあげる約束を取り付けてくるような失礼な振る舞いはなくなることでしょう。

義妹から突然「おさがりを園の保護者に譲りたい」と言われてびっくりしてしまった投稿者さん。今回のケースは家族内の問題ではおさまらず、義妹の勤務先を巻き込んだ大問題に発展してしまいました。旦那さんが園に連絡をしたのも、園の先生が義妹を叱責したのも、決して義妹が憎いからではなく「人間として成長してほしい」との気持ちの現れだったのでしょう。

もちろん多くの保育士さんは公私混同などすることなく仕事にまい進されているでしょうから、今回はレアケースと考えたいところです。義妹はこれからも保育士として頑張るよう。今後はより素敵な先生になれるといいですね。

文・motte 編集・荻野実紀子 イラスト・Ponko

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 自分で買って渡すなりすれば良かったじゃん。下らん意地を張るから職場にまで知れる事になる。本心は、義妹の職の自覚なんてどうでもよかったろうにねw
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定