大倉忠義と広瀬アリスの“キス”に「心臓止まる」、末澤誠也の“キス失敗”にも多くの反応…「知ってるワイフ」8話

0

2021年02月26日 00:22  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真「知ってるワイフ」第8話(C)フジテレビ
「知ってるワイフ」第8話(C)フジテレビ
大倉忠義主演、広瀬アリスら共演の「知ってるワイフ」の8話が2月25日オンエア。“新たな世界”でも澪から告白された元春、2人の“キス”と、末澤誠也演じる篠原の“キス失敗”に多くの視聴者から反応が集まっている。

人気韓国ドラマを原作に、大倉さん演じる主人公・剣崎元春は10年前、大学時代に学校の“マドンナ”沙也佳とコンサート鑑賞の約束を取り付けるも、会場に向かう途中のバスで女子高校生・澪の落とし物を拾ったことから後に彼女と結婚する。当初は幸せだったはずが彼女だが“恐妻”と化し辟易する日々を送る元春は、謎の男から渡された500円玉でタイムワープ。新たな人生で沙也佳と結婚、優雅な毎日を過ごしていたが、そこに澪が同僚として現れ、幸せだった沙也佳との結婚生活にも亀裂が…という本作。


“以前の世界”では認知症の母の世話や子育てに追われるなか、非協力的な元春の姿勢に“恐妻”になり、“新しい世界”では銀行員として元春の支店に赴任、津山と交際をはじめる建石澪に広瀬さん。“新しい世界”では元春の妻となるが、学生時代から続けるチェロに対する夢を抱き続けていた大企業・西急グループ令嬢の沙也佳に瀧本美織。澪と付き合うことになる元春の同僚、津山千晴に松下洸平。なぜか“以前の世界”の記憶を持っている澪の母、建石久恵に片平なぎさ。元春をタイムワープさせた小池良治に生瀬勝久。

元春の妹、なぎさには川栄李奈。なぎさの夫、木田尚希に森田甘路。“ゆとり教育世代”の新人行員、篠原恭介に末澤誠也(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.)。窓口課で働く樋口静香に安藤ニコ。そのほか佐野ひなこ、マギーらも出演する。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
今回は沙也佳が元春に離婚届を突きつける。沙也佳から「私を全然見てない」と、以前の人生で澪から言われたのと同じ言葉を放たれた元春はショックで酒に溺れたまま一睡もせず翌日のマラソン大会に参加。元春の体調を心配する澪は、他のランナーが後方で心臓マッサージを受けている人間がいた話をしているのを耳にし引き返す。倒れていたのが元春ではなくほっとする澪だが、その後ろに元春の姿が。自分の気持ちを抑えられなくなった澪は元春に「好きです」と告白する…という展開に。


思わず澪の手を握るも「俺たちはだめだ」と、その手を離そうとする元春。しかし澪を手を握り返し、元春にキスをする…。「告白からのキスに発狂とか言うレベルじゃなくて心臓止まるかおもた……」「津山と別れてないのにキスしちゃう澪もアカン」などの反応が寄せられる一方、今回は篠原の恋にも注目が。


樋口に想いを寄せる篠原は、食事に誘うなど彼女との距離を縮めようとするが上手くいかず…意を決して「好きだから」と告白。樋口を見つめ「今から3秒後にキスをする。いやならよけて」と宣言、カウントして顔を近づけるのだが、樋口はよけるどころか篠原を突き飛ばしてしまう。大好きな樋口とのキスに失敗、さらに突き飛ばされてしまった篠原にも「キスしようとして突き飛ばされるしのぴょん笑っちゃった」「久々にグフハって声出た…wwww」など様々な反応が寄せられている。

(笠緒)
    ニュース設定