今田美桜、『恋はDeepに』出演 石原さとみの友人でしっかり者の研究員役

0

2021年02月26日 07:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真ドラマ『恋はDeepに』宮前藍花役の今田美桜 (C)日本テレビ
ドラマ『恋はDeepに』宮前藍花役の今田美桜 (C)日本テレビ
 女優の石原さとみと俳優の綾野剛がダブル主演する4月スタートのドラマ『恋はDeepに』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の追加キャストとして、女優の今田美桜の出演が発表された。主人公・海音(石原)の友人でしっかり者の研究員を演じる。

【写真】石原さとみ×綾野剛、ラブコメで初共演&W主演 新ドラマ『恋はDeepに』4月スタート

 本作は、前代未聞の【ヒミツ】に満ちた運命の恋の行方を描くラブコメ。海を愛する魚オタクの海洋学者・渚海音(石原)と、ロンドン帰りのツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野)は、巨大マリンリゾートの開発をめぐり出会った。海を守りたい女と、開発計画に人生をかける男。住む世界がまるで違う2人が、やがて運命的な恋に落ちる。しかし、その恋はかつてないほど禁断だった。なぜなら彼女には、誰もが驚くある「ヒミツ」があったから―。

 今田が演じるのは、芝浦海洋大学海洋学術センター・鴨居研究室の特任研究員・宮前藍花。明るく優しいしっかり者で、海音の良き相談相手だ。個性豊かな面々を仕切る裏番長的存在で、合併の危機にある研究室を支えている。気遣い上手で面倒見が良いため、ついつい他人を優先してしまい、自分のことはつい後回しになりがち。

 脚本を読んだ感想を「とにかくキュンキュンしました! 可愛くて少し不思議な海音さんと、ツンデレな倫太郎さんの恋愛模様にキュンキュンします」と語った今田。自身の役どころについては「研究室には男性の研究員が多く、皆がワイワイやっている中、大事な時にしっかりと周りにツッコミできるしっかり者だと思います。海音さんの秘密に少しだけ気づきながらも、海音さんが好きだから深く詮索しない、気の遣い方がとても上手な優しい女性です」と説明する。

 役作りに関しては、「魚についてあまり詳しくなかったので、YouTubeでお魚の動画を見たりしました。ドラマの中に、『カリビアンリーフオクトパス』という珍しいタコが登場するのですが、すごくかっこよくて。セリフに出てきた魚を調べたり、現場で知ることも多く、撮影を通して、少しずつ海の生き物に詳しくなっています」と話す。

 初共演となる石原と綾野については、「石原さんは、思っていた通りのとても優しい方で、現場で色々な事を教えて頂いています。撮影の合間にお話をしたりして、お姉さんのような存在です。綾野さんは、思っていたよりも柔らかく、少し天然なところもあって、こんな一面もあるんだ! と親近感を感じています。まさにツンデレの役柄がぴったりな方だな、と思っています」と印象を告白。
 
 最後に、「藍花は、ドラマの中で周りの方々にツッコむことが多いので、優しさを持ちながらも、ドラマが楽しくなるようにどんどんツッコんでいきたいです。そして、藍花にも素敵な恋の展開があるので、楽しみにして頂けたらと思います」とメッセージを寄せた。

 ドラマ『恋はDeepに』は、日本テレビ系にて4月より毎週水曜22時放送。
    ニュース設定