【後編】洗濯機のボタンを押すだけが洗濯じゃない!洗濯の手間を省くための3つのアドバイスとは

3

2021年02月26日 10:31  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ

家じゅうで脱ぎっぱなしにされる洗濯物や、際限なく使われるタオルや服を目の当たりにして「洗濯が簡単な家事だと思わないでほしい!」と憤りを隠せずにいる投稿者さん。ママたちからは共感の声が寄せられ、改めて洗濯は手間がかかる家事だということを再認識しましたね。少しでも面倒くささを軽減させるコツはあるのでしょうか?

その1.使っていい枚数を決める


『タオルをやたらと使われて腹が立ったから、わが家は「ひとり1日1枚」というルールを作ったよ』
『畳まないで各自のカゴに入れるだけ。「タオルはひとり2枚まで」のルールにしたよ』
まずは家族内でルールを定めるというもの。「使っていいタオルはひとり1日○枚」と決めておけば、洗濯物の量が膨れ上がることを防げるかもしれません。投稿者さんのお宅では「服も使い放題」とのことなので、「着替えは1日○回まで」と決めるのも有効なのではないでしょうか。

その2.乾燥機能付きの洗濯機の検討

『思い切って乾燥機能付き洗濯機にすれば? わが家は洗剤、柔軟剤自動投入の乾燥機能付き洗濯機に買い替えたんだけど、めちゃくちゃ楽』
『わが家はドラム式の洗濯機を購入して、今では乾燥までしています。文句も言わずただただ乾燥までしてくれて、仕上がりは温かくて畳むのが楽しくなるほどです。家族でいちばん私に優しくしてくれる存在とまで思っています』
『洗濯乾燥機にすればいいじゃん。私はそれでかなり楽になったから旦那が回してくれるようにもなったよ』
投稿者さんは現在、乾燥機能のついていない洗濯機を利用しているのだそう。それを受けて「思い切って乾燥機能付きの洗濯機を買うのもひとつの手では」とのコメントも寄せられました。乾燥機能付きの洗濯機を愛用するママたちからは「使うようになってからとても楽になった」との声があがり、思わず購入を検討したくなりそうですね。なかには「家でいちばん自分に優しくしてくれる存在」と話すママさんも……。少し予算は必要ですが、導入することで毎日のストレスから解放されるのであれば高いものではないのかもしれません。

その3.家族みんなで家事をする


『洗濯物を洗濯機に入れて洗剤を入れて回して干すまでが旦那の仕事。洗濯物を取り込んで畳んで各自の部屋へ置くのが長男の仕事。パジャマやバスタオル、ワイシャツとかオシャレ着系は私。長男はお手伝いが習慣になってくれたけれど、家事を一切やらなかった旦那には「共働きなんだからそれくらいやってくれてもバチは当たらないよね!」ってキレて強制的に習慣づけました』
『家事って本当に面倒くさいよね。うちは子どもが3人いるんだけれど、なにもできない人間になって欲しくないからいろいろと手伝わせている。初めは1人でやっていたけれど、ある日キレて「私はもう家事をしない! 家がどうなっても知らない!」と言ってから1日1回は何かしらやってくれるようになった』
『そりゃイライラするわ。お子さんが何歳かわからないけれど、もう各自に任せていいんじゃない? わが家は乾いた洗濯は各自のカゴに振り分けるだけ。各自持って行って自分で畳んでしまうよ。洗濯物が山になっていても私は知らん。リビングにも洗濯カゴを置くと「持っていくのが面倒くさいから放置」というのが減るかも。投稿者さん、お疲れさまです』
結局のところ「みんなで協力すること」が、いちばん大切なことかもしれません。そもそも家事はママだけの仕事ではないはずですよね。旦那さんやお子さんたちと家事を分担することで負担が軽減されるのではないでしょうか。またお子さんが家事の方法をまったく知らないまま大人になってしまったら、将来困るのはお子さんたち自身でしょう。ママたちのストレスを少しでも減らすためにはもちろん、お子さんがきちんと家事ができるようになるためにも、家族みんなで家事をするのがいいかもしれません。
さて最後にこちらのコメントをご紹介しましょう。
『数十年後には、洗濯物を入れたら自動で洗って乾かして畳んで出てくるような洗濯機が登場しているかもね』
毎日の洗濯物に悩まされているママたちには夢のような機械ですね……! ぜひともできるだけ早めに発明されることを祈りましょう。

「洗濯機のボタンを押すだけでは洗濯物は終わらない!」と腹を立ててしまった投稿者さん。毎日膨大な量の洗濯物を抱えてしまっては呆然としてしまうのも無理はありません。まずは家族に洗濯物を洗濯カゴに入れることを徹底してもらいましょう。1日に使っていいタオルの枚数を決めたり、必要であれば乾燥機能付きの洗濯機を購入するのもいいかもしれません。また家族で家事を分担することで、家事を他人事から「自分事」にしてしまうのもひとつの手ですね。

文・motte 編集・荻野実紀子 イラスト・マメ美

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 洗剤・柔軟剤自動投入で、乾燥までやってくれる洗濯機は興味がある。あとは、おしゃれ着にどこまで対応してくれるかだ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 簡単だろなんて言われた事は無いなあ。でも出して無い物を探し出して洗わないよ、洗濯物も弁当箱も。家事は好きだけど、子も夫も甘やかすと為にならん。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定