ご存知ですか?…寝ている間に“裸眼視力”を改善させる「オルソケラトロジー」 特殊なコンタクトを使います

197

2021年02月26日 11:40  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

写真コンタクトレンズをつけて、寝ている間に視力矯正ができるといいます=写真はイメージです(kei907/stock.adobe.com)
コンタクトレンズをつけて、寝ている間に視力矯正ができるといいます=写真はイメージです(kei907/stock.adobe.com)

 普段使うコンタクトレンズは、寝る前に必ず外さないといけません。つけたまま寝てしまうと、酸素が足りなくなり黒目が濁ったり、傷がついて感染の原因にもなるからです。しかし寝ている時につけておくタイプのコンタクトレンズがあることを、みなさんご存じでしょうか?

【写真】まぶたがピクピク…これって大丈夫? 体からのSOSかも

 就寝時に特殊なカーブのハードコンタクトレンズを使うことで、角膜の形状を変化させ、裸眼視力を改善させる近視矯正法があります。これを「オルソケラトロジー」といいます。それ自体は2000年頃から米国で行われていますが、日本で普及してきているのはここ最近の話です。

 就寝前にハードコンタクトレンズを装着し黒目の表面の形を変化させると、日中は眼鏡やコンタクトレンズなしで生活できます。つけっぱなしで寝てしまっても大丈夫なように、酸素透過性が高く、目の中でずれにくい特殊な構造をしています。通常のコンタクトレンズとは逆の使い方になるのが特徴です。

 回復した視力は一定期間維持され、日中は裸眼でもよく見えるようになります。しかし徐々に形状は元に戻りますし、持続時間も個人差があります。また強度の近視の方や睡眠時間が短い(6時間以内)方は効果が出にくく、コンタクトレンズを装着しても大丈夫か適応検査も必要です。

 日本コンタクトレンズ学会のガイドラインでは「20歳以上が推奨」ですが、現実には20歳以下の子供さんが使っていることが多いです。学童期の近視の進行しやすい時期にこのレンズを装着することで、近視進行を抑制できることがわかってきているからです。眼球のサイズが病的に大きくなる病的近視の進行予防に特に効果があるとされているので、近視が出てきたらお子さんでも試してみる価値はあると思います。

 「オルソケラトロジー」に興味を持たれた方は、ぜひ眼科で相談してみてください。

◆窪谷日奈子 医療法人社団吉徳会・あさぎり病院・眼科医長。眼科専門医。

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 効き目がある人には朗報ですね���줷����私は強度近視だから諦めの境地。
    • イイネ!3
    • コメント 2件
  • 老眼に効くやつないの?
    • イイネ!48
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(95件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定