月末のピンチに! 家計の味方「節約ボリュームおかずレシピ」4選

1

2021年02月26日 12:12  All About

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真ボリュームがあってお腹もお財布も満足な節約レシピを厳選しました。
ボリュームがあってお腹もお財布も満足な節約レシピを厳選しました。

月末のピンチを回避! お腹も心も満たされる節約おかず

月末、少し食費を切り詰めたい……、そんなときに助けてくれるのは、お腹も心も満足できる、ボリューム満点の節約おかず! アイディア満載で、お金だけでなく手間や時間も節約できるレシピです。豚こま肉や大根、おからなど、リーズナブルで栄養満点、食べ応えもある優秀食材を使った、節約おかずを厳選しました。

1:豚こまでひと口カツ

豚こまでひと口カツ

リーズナブルな豚こま切れ肉が、ボリュームたっぷりで食べ応えのあるひと口カツに変身! 肉と肉の間に空気が入るので、衣はサクサク、お肉はふっくら柔らかく仕上がります。卵と小麦粉を混ぜ合わせた衣で2つの工程を1つにして、お金だけでなく時間と手間も短縮できます。衣をつけて小分けに冷凍保存しておけば、いつでも揚げたてカツが用意できて、お弁当のおかずにも便利ですよ。

【作り方】4人分
1. ボウルに卵1個を入れ、溶きほぐす。水70mlを入れて混ぜ、小麦粉50gも加えて混ぜる

2. 豚こま切れ肉340g程度を箸でつまんで大まかに分け、手で丸めてつぶし、両面に塩コショウ少々を振る。15〜16個ほどできる

3. 【1】にくぐらせ、余分な衣を落としてパン粉の上にのせる。肉の上にパン粉をかぶせ、手の平でギュッと押して余分なパン粉をはらう

4. すべての衣が付け終わったら、180℃ぐらいの油で2分半〜3分揚げる

5. 油を切り、キャベツの千切りとにんじんの千切りなどの付け合わせ野菜、レモンの輪切りと共に盛り付け、とんかつソースとすり白ごま、粒マスタードを添える

2:根菜たっぷり田舎風おからの煮もの

根菜たっぷり田舎風おからの煮もの

リーズナブルなのに食物繊維がたっぷりで、美容にも健康にもいい、栄養満点なおから。そんなおからで作る田舎風の煮物は、ほっとする味わいです。根菜たっぷりで、しっとり柔らかなおからの食感と、ごぼうやちくわなどとの歯ごたえの違いが楽しめます。おからは、美味しいお豆腐屋さんの新鮮なおからがおすすめ! 最後に天かすを加えると、香ばしさが加わっていっそう美味しさが増します。

【作り方】
1. ごぼう1/2本は皮をこそげてささがきにし、水に放してアク抜きして水を切る。にんじん1本は長さ3cmの細切り、干し椎茸2〜3枚は水で戻して細く切る。油揚げ2枚は熱湯をかけて油抜きし、短冊に切る。ちくわ2本は5mm厚の小口切りにする

2. 鍋にだし汁450ml、【1】のごぼう、にんじん、ちくわ、油揚げ、椎茸、酒50ml、みりん大さじ2、砂糖大さじ3、醤油大さじ4、塩2つまみを入れて、少し隙間をあけて蓋をし、15分ほど煮る。ごぼうが柔らかく煮えたら、火を止める

3. 鍋にごま油大さじ2を熱しておから300gを入れ、木ベラで鍋底をこそげるようにしながら、焦げつかないように炒める。手で触ってみて熱々になるまで7〜8分程炒りつける

4. 火にかけながら、煮汁ごと具を加えて混ぜ、鍋底の部分が焦げないように注意しながら全体がよくなじむように炒りつける

5. 味見をして、焼肉のタレ小さじ1〜2で味を調える。しっとりした仕上がりが好みなら、だし汁を適量足して微調整する。天かす1/3〜1/2カップ、小口切りにした長ネギ1本分、ごま大さじ1を入れて混ぜ、軽く火を通して、完成

3:土鍋まるごと茶碗蒸し

土鍋まるごと茶碗蒸し

土鍋で作る、正確に言うと茶碗蒸しではなく、まるごと土鍋蒸し! 見た目のインパクト大でボリュームもあるのに、作り方は茶碗蒸しより簡単です。できたての熱々をみんなですくい分けて、いただきます。冷めたらそのまま温められるので、大勢が集まるおもてなし料理として事前に作っておいてもいいですね。土鍋がなければ、熱効率のよい鍋でもきれいに作れます。

【作り方】5〜6人分
1. 鶏ささみ肉は筋を取って削ぎ切りにし、醤油少々をまぶしておく。えび10尾は殻と背ワタを取って洗い、水気をふき取ったら、酒少々をまぶしておく。にんじんは薄く切って花型で抜いたものを8枚用意。しめじ1/2パックは石突を落として小房に分け、ほうれん草少々はさっと塩茹でして水に放し、水気を絞って5cm幅に切る

2. 土鍋に昆布10cmぐらいと水4カップを入れて火にかける。沸騰してきたら火を止め、昆布を取り出す。かつおだしの素小さじ1を入れ、酒大さじ1、みりん大さじ1、薄口醤油大さじ1、塩小さじ1、砂糖小さじ1/2を入れ、ササミとエビを入れる

3. ボウルに大きめの卵5個を割り入れ、泡だて器か箸を数本使って、あまり泡を立てないように、しっかり溶きほぐす

4. 【3】を鍋に注ぎ入れて混ぜ、ぎんなん10粒、しめじ、乾燥ゆば4枚を入れ、最後ににんじんを浮かせるように静かにのせる

5. 蓋をして弱火にかけ、13〜15分ほど煮て、ぐつぐつ煮立つ音が聞こえてきたら蓋を少し開けてみて、全体的に固まっているようであれば火を止める。まだ汁っぽいようならさらに少し加熱する。鍋の蒸気穴にキッチンペーパーを詰め、5〜10分蒸らして余熱でしっかり固める

6. 指で押してみて、弾力があれば蒸し上がり。ほうれん草を散らして、完成

4:大根とひき肉のピリ辛煮

大根とひき肉のピリ辛煮

大根はおかずのボリュームアップができて、節約レシピにもってこいの食材です。ピリ辛味を出すための豆板醤は、代わりにキムチの素大さじ1にして、ニンニクを減らしても、ひと味違ったおいしさに仕上がります。ネギ、生姜、ニンニクのいい香りと甘辛味で、ごはんがすすみます。大根をたっぷり味わえる、食べ応えのある節約レシピです。

【作り方】4人分
1. 豚挽き肉100g、ニンニクのみじん切り小さじ1強、生姜のみじん切り小さじ1/2、ネギのみじん切り10cm分、豆板醤小さじ1.5、醤油大さじ4.5、酒大さじ3、砂糖大さじ2、ごま油大さじ1を混ぜて10分程置く

2. 大根1本は皮をむき、厚さ2cmの輪切りにして4つに切る。 大根葉の茎の部分は5mm幅に刻んでザルに取り、塩を振りかけて、そのまま置いておく

3. 【1】を鍋に入れ、火にかけて2分ほど煎り煮する

4. 鍋に大根を入れ、水700ml、みりん大さじ3、かつおだしの素小さじ1を加えて中火にかけ、落し蓋(アルミホイルでもOK)と、その上にさらに蓋(着せ蓋)をして煮る

5. 大根が柔らかくなったら着せ蓋を外す。時々鍋を上下に振って混ぜ、煮汁がほとんどなくなるまで煮る

6. 塩を振って置いておいた大根の茎を、水でサッと洗って水を切る。 鍋に入れ、上下に振って、煮からめたら完成
(文:All About 編集部)

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定