辛くも次戦進出のミラン指揮官「重要なのはラウンドを突破することだ」

1

2021年02月26日 14:11  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真ピオリ監督が試合を振り返った [写真]=Getty Images
ピオリ監督が試合を振り返った [写真]=Getty Images
 ミランのステファノ・ピオリ監督がツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア)戦を振り返りコメントした。

 ミランはヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦(ラウンド32)セカンドレグでツルヴェナ・ズヴェズダと対戦。MFフランク・ケシエのゴールで先制したもののエル・ファルドゥ・ベン・ナブアヌにゴールを許し同点に。70分に退場者をだしたツルヴェナ・ズヴェズダ相手に追加点を奪えずドローで試合終了の笛を聞いた。2戦合計3−3、アウェイゴールの差で次戦に駒を進めたものの、ミランは4試合勝ちなしとなった。

 試合後ピオリかんとくはインタビューに応じ試合を振り返りつつ次のようにコメントした。

「今はベストの時期ではないが、チームは若くも、成熟したメンタリティを持っている。多くの勝利は我々にエネルギーと自信を与えてくれたが、今はその要素が少し欠けている。状況をうまくコントロールできず、パスとチョイスの精度が少し低かったのが残念だ。しかし、重要なのはラウンドを突破することだ」

「ファーストレグでは、3点目を取りにいかず休んでいた。今回はそうではなく、(アンテ)レビッチと(ズラタン)イブラヒモビッチにチャンスがあった。このレベルでは、ディティールとほんのわずかな差が大きな違いを生むことがある」

「今シーズンのことを考えれば、まだポジティブな気持ちでいられる。シーズンはまだ終わっていない。ヨーロッパリーグを制覇すれば、チャンピオンズリーグへの出場権が得られる。我々はミスをすることが多くなってきているし、過去の我々ほどソリッドではない。だが突破できたことは非常に重要なことだ」

「予選ラウンドからのスタートだったから、フィジカルよりも精神的な疲労もあったのだろう。私は試合中、常にチームとともにあり、正しいブーストをかけようとしている。だが彼らは責任感のある選手たちだから、プレッシャーを感じ始めているのかもしれない。だがプレッシャーは感じるべきではない。私たちは素晴らしい大会を戦っており、困難な時期を経験することでさらに強くなるはずだよ」

このニュースに関するつぶやき

  • 4戦勝ちナシ内容も相変わらず酷い 週末ローマとのCL出場枠をかけた試合だけど不安材料しかない
    • イイネ!0
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定