札幌、電光石火の先制弾を皮切りに大量5ゴール! ホームで横浜FCに勝利

10

2021年02月27日 16:16  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真駒井善成が2分で先制ゴール [写真]=J.LEAGUE
駒井善成が2分で先制ゴール [写真]=J.LEAGUE
 2021シーズンの明治安田生命J1リーグ第1節が27日に行われ、北海道コンサドーレ札幌と横浜FCが対戦した。

 札幌はチャナティップ、アンデルソン・ロペスらがスタメン入り。今オフに札幌へ復帰した小野伸二はベンチからのスタートとなっている。一方、横浜FCは中村俊輔が先発入りし、開幕スタメン最年長記録を更新した。

 試合は序盤からホームの札幌がスピーディーな攻撃を見せる。2分、相手DFのクリアミスを拾った駒井善成がシュートを放つと、相手DFに当たってゴールに吸い込まれる。続く4分にはカウンターの流れから、右サイドでボールを受けた金子拓郎がカットインから左足を振り抜くと、このシュートも相手DFに当たってコースが変わってゴールネットへ。開始早々で札幌が2点のリードを奪った。

 2点ビハインドを背負った横浜FCも反撃へ転じる。29分、高い位置でボールを奪うと、高木友也が左サイドを突破。グラウンダーのクロスをファーサイドに走り込んでいたクレーべが押し込み、1点を返した。

 攻撃の手を緩めない札幌は猛攻を続ける。チャナティップのスルーパスで相手DFの背後をとった小柏剛が中央へ折り返すと、アンデルソン・ロペスが胸で押し込み、リードを広げる。アディショナルタイムにはこぼれ球を拾った金子が左足で強烈なシュートを沈める。前半だけで札幌は4得点を奪い、後半へと折り返した。

 後半も札幌が試合の主導権を握る。77分には右サイドでのパス回しから、3人目の動きで駒井が深い位置に侵入。マイナスに折り返すと、走り込んできたチャナティップが落ち着いて流し込み、札幌がリードを広げた。

 最終的に試合はこのまま5−1でタイムアップ。札幌は大量得点を挙げて幸先の良いスタートを切った。一方で、横浜FCにとっては苦しい開幕戦となってしまった。

 次節は6日に行われ、札幌は敵地で名古屋グランパスと、横浜FCはホームで大分トリニータと対戦する。

【スコア】
北海道コンサドーレ札幌 5−1 横浜FC

【得点者】
1−0 2分 駒井善成(北海道コンサドーレ札幌)
2−0 4分 金子拓郎(北海道コンサドーレ札幌)
2−1 29分 クレーベ(横浜FC)
3−1 45分 アンデルソン・ロペス(北海道コンサドーレ札幌)
4−1 45+4分 金子拓郎(北海道コンサドーレ札幌)
5−1 77分 チャナティップ(北海道コンサドーレ札幌)

このニュースに関するつぶやき

  • 今日、札幌ファンはたった一つだけ悔いがあるとしたら…カズが居なかった事じゃないか?
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 今日、札幌ファンはたった一つだけ悔いがあるとしたら…カズが居なかった事じゃないか?
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定