清水が終盤に怒涛の3得点…鹿島に逆転勝利、チアゴ・サンタナが来日初ゴール

11

2021年02月27日 17:00  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真清水が鹿島に逆転勝利 [写真]=兼子愼一郎
清水が鹿島に逆転勝利 [写真]=兼子愼一郎
 2021シーズンの明治安田生命J1リーグ第1節が27日に行われ、鹿島アントラーズと清水エスパルスが対戦した。

 ザーゴ監督体制2年目となる鹿島は、土居聖真、エヴェラウド、上田綺世がスタメン入り。一方、今オフに大型補強を敢行した清水は、権田修一、原輝綺、チアゴ・サンタナ、ディサロ・燦シルヴァーノら新戦力が先発に名を連ねている。

 序盤から鹿島がボールを握る展開となるも、清水は安定した守備をベースに得点の機会を狙う。30分にはファン・アラーノのクロスからエヴェラウドがヘディングシュートを放つも、権田がファインセーブ。こぼれ球に土居が反応するも、ポストに阻まれゴールとはならない。前半はこのままスコアレスで終了した。

 後半に入ると、清水はチアゴ・サンタナ、ディサロ・燦シルヴァーノ、カルリーニョス・ジュニオらを中心に反撃を開始。48分には遠目の位置からディサロが狙うも、枠を捉えることはできない。54分には鹿島にチャンス。相手DFのクリアボールを拾った土居が右足を振り抜くも、シュートはクロスバーを叩いてしまう。

 75分、ついに均衡が破れる。鹿島は左コーナーキックからエヴェラウドがヘディングで狙うも、シュートはまたもクロスバーにヒット。それでも、こぼれ球に反応した荒木遼太郎が冷静に左足を振り抜き、鹿島が先手を取った。

 1点ビハインドとなった清水もすぐさま攻撃を開始。左サイドを突破した河井陽介がクロスを送ると、ペナルティエリア中央で中山克広がダイレクトで繋ぐ。ボールを収めたチアゴ・サンタナが反転からシュートをねじ込み、清水が試合を振り出しに戻した。

 さらに83分、左サイドでボールを持ったカルリーニョス・ジュニオのクロスに、途中出場の後藤優介が合わせる。走り込みながらのヘディングがネットを揺らし、清水が逆転に成功した。続く87分には左コーナーキックが相手選手に当たってゴールに吸い込まれ、リードが広がる。

 試合はこのままタイムアップ。清水が敵地で鹿島を下し、開幕白星スタートを飾っている。次節は6日に行われ、鹿島は敵地でガンバ大阪と、清水はホームでアビスパ福岡と対戦する。

【スコア】
鹿島アントラーズ 1−3 清水エスパルス

【得点者】
1−0 75分 荒木遼太郎(鹿島アントラーズ)
1−1 78分 チアゴ・サンタナ(清水エスパルス)
1−2 83分 後藤優介(清水エスパルス)
1−3 88分 オウンゴール(清水エスパルス)

このニュースに関するつぶやき

  • あの鹿島アントラーズにアウェイの地で、3ゴール奪って逆転とは、凄いです。
    • イイネ!5
    • コメント 0件
  • エスパルス、枠内シュート3本で3得点。えらく効率がいいですね
    • イイネ!10
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ニュース設定