『キラメイジャー』キラキラ座談会 充瑠・小宮璃央が1年に感謝 時雨は脱・万力俳優? 為朝はヨドンナ様との裏話

16

2021年02月28日 10:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『キラメイジャー』座談会に参加した(左から)水石亜飛夢、工藤美桜、庄司浩平、小宮璃央、新條由芽、木原瑠生 (C)ORICON NewS inc.
『キラメイジャー』座談会に参加した(左から)水石亜飛夢、工藤美桜、庄司浩平、小宮璃央、新條由芽、木原瑠生 (C)ORICON NewS inc.
 『魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE ビー・バップ・ドリーム』が、『騎士竜戦隊リュウソウジャー 特別編 メモリー・オブ・ソウルメイツ』、『機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE 赤い戦い!オール戦隊大集会!!』と3本立てとなり劇場版『スーパー戦隊MOVIEレンジャー2021』として20日に公開。ORICON NEWSでは、キラメイジャーたちにインタビューを実施し、1年間の感謝や、時雨のはじけっぷり、為朝がヨドンナ様に好意を寄せた理由を語ってくれた。

【動画】キラメイジャー6人がわちゃわちゃトーク!スペシャル座談会

■思い出に残る回は? それぞれがトレンドワードでトーク

 令和初のスーパー戦隊である『魔進戦隊キラメイジャー』。人が輝いて生きることを物語のテーマに、“全力で活躍して輝く”ヒーローたち、そのビジュアル、アクション、ロボ戦など、すべてがキラキラした、これまで見たことのないほどゴージャスなスーパー戦隊となっている。

 インタビューに参加したのは、キラメイレッド/熱田充瑠役の小宮璃央(18)、キラメイイエロー/射水為朝役の木原瑠生(22)、キラメイグリーン/速見瀬奈役の新條由芽(22)、キラメイブルー/押切時雨役の水石亜飛夢(25)、キラメイピンク/大治小夜役の工藤美桜(21)、キラメイシルバー/クリスタリア宝路役の庄司浩平(21)の6人。

――最終回目前の『キラメイジャー』。いろいろなワードがトレンドに上がりました。ご自身の中で記憶に残っているものは? 水石さん演じた時雨は「万力」が、何度も話題に…

【水石】エピソード3の「変だよね」とかかな? 最近だと(エピソード40の)「ワンダーデンタル」で、あれはアドリブでやらせていただきました(笑)。あとは(エピソード28)の「時雨泣き」の回で「時雨さん」が一瞬かもしれないけど1位になった。もう「万力俳優」じゃないんだと、イメージを払拭しました(笑)。劇場版はかき氷機なので、これからは「かき氷機俳優」でやらせていただきます(笑)。

【5人】芸人じゃないの?

【水石】芸人じゃないから! エンターテイナーだから!

【工藤】毎回、見てはいるんですけど、だいたい「マコト兄ちゃん」が…(『仮面ライダーゴースト』で工藤が演じたカノンの兄・深海マコトのこと)。私のメインの回の時には、だいたい私の上にいますね(笑)。「もう、お兄ちゃん離れしているんだぞ!」と(笑)。

【小宮】(エピソード32「小夜に首ったけ」で小夜にプロポーズした)日下さんの時はスゴかった(笑)。

【工藤】自分の中で思い出に残っているのは5歳になった回(エピソード6「ツレが5才になりまちて」)ですかね。今までのおとなしい小夜さんとギャップもあって楽しかったですね。

【新條】5人になった回(エピソード37「せな1/5」)は思い出深いお話になりました。5人をいっぺんに演じる大変さも体験したことがないですし、瀬奈1から4は同じようなテンションでできるんですけど、瀬奈5は落差がスゴすぎて…。それを切り替えながらやるのは大変でした。あと、小夜姉との海辺のシーンは、もう…。今までの『キラメイジャー』とは、また違う雰囲気になっていて、自分でも感動しました。

――為朝といえば、桃月なしこさんが演じたヨドンナ様が…

【木原】僕もそのイメージしかないです(笑)。為朝としては入ってはないんですよね…。「女の子のハート以外は何でも射抜くぜ」とか…。しかも、「女の子のハート以外」って、お楽しみコーナーでのせりふ(笑)。エピソード39は、カッコいい為朝が続いて、お楽しみだけで落とすのとかはうれしかったですね。カッコいい為朝だけじゃないぞって。

【庄司】あまりトレンドとか見ないんだけど、宝路は何が入っていた? (エピソード26の)「ワンダー通せんぼう」? あれも、アドリブです(笑)。バクダン邪面をみんなで追い詰めて、どうしようとなったところで宝路がバーンって出てくる。ふざけても変だし、めちゃくちゃ難しくて…。わざわざ時間を作ってもらい、やり直しました。今はGロッソのキラメイジャーショーでも使われるようになりました(笑)。

【小宮】素直に役名の充留というのがトレンド入りしたりするのがうれしいですね。あとは「ひらめキ〜ング」も。

【水石】1話の「変わる変われる変わりたい」も、せりふのまま入っていたよね。

【小宮】あのせりふは自分も好きで、好きなせりふを聞かれたら答えるぐらいです。

――残り5話の時点で、「キラメイニャー」にもなりました。

【小宮】あれが、最終回までで最後の面白い回です。

【庄司】前の回が難しい話題だっただけに、ここから最終回に向けて…って思ったら「え〜」ってなりました(笑)。

【小宮】でも、今後のストーリーに必要不可欠な話になりました。

■やってみたい役をクロストーク 時雨に人気が集中?

――この中で、この役をやってみたいというのはありますか?

 時雨を小宮、木原、工藤、庄司が、為朝を新條と水石が指名した。

【水石】宝路もあったけど、この間の回で「ワンダー」と「シャイニー」ができたから(笑)。

【庄司】宝路って、それだけで構成されてるの?(笑)

【小宮】時雨は、充瑠にない面白さを持ってる。俺も面白いって言われたい素直な欲求が(笑)。キャラの振り幅というか、1年かけて作り上げた時雨像がある。俺が時雨やったら、どうなるんだろうって考えたりもしますし。絶対に似合わないんですけど(笑)。だから、やってみたいですね。

【木原】今、考えたら時雨じゃない。宝路をやってみたい。単純に「ワンダー」と「シャイニー」を言いたい(笑)

【庄司】宝路は、構成要素の9割8分が「ワンダー」と「シャイニー」じゃないのよ(笑)。いろいろあるのよ(笑)。

【木原】昭和ネタとかもあるし、そういうのも楽しそうだなって思って。そういうところをやってみたい。

【庄司】僕も面白いのがいいなって思って時雨。宝路も笑わせる立場なんですけど、系統が違う。芸人さんなので漫才がやりたいなって…。

【水石】押切も水石も俳優だよ?(笑)

【小宮)すごいよね。Gロッソのキラメイジャーショーで、しゃべっただけで笑いが起きる(笑)

【水石】「みなさん、こんにちは。押切時雨です」でざわつく。おかしい…(笑)。

【工藤】時雨くんと、1番近くにいて、見ているからこそ感じるものがある。いつも立ち位置が時雨くんの横で、せりふも真横。「エンターテイナーだ!」っていうせりふは迫力がありすぎて(笑)。笑いをこらえるのに必死になりました。でも、演じていて楽しそう。なので、私も時雨くんをやってみたい!

【水石】みんな、時雨で遊びたいだけ…。為朝を選んだ理由は、人気アクション俳優・押切時雨を1年間やらせてもらったんですけど「かっこいい時雨!」ってなったことが実はない。為朝は充瑠以上に主人公っぽいせりふを言う。あれを、やりたい! カッコいいことをしたい!

【木原】為朝の役って大変。説明せりふも多いし。素でカッコいいイケメンは大変なところだった。

【新條】ヨドンナ戦で1人だけ立ち上がって「リーダーがいるんだ!」って言ったところがカッコよくて…。やりた〜いって思った!

【木原】ヨドンナの話が出ているから1つだけ言いたい! 為朝は、ボクっ娘巫女さんが好きなワケじゃないんですよ! ボクっ娘巫女さんかもしれないけど、輝いているヨドンナが好きだった。キラキラしていたから! 最後だけど、そこだけは言わせてほしかった!

■キャストから1年間の感謝のメッセージ 小宮「ずっと好きでいてくれるよう最後まで」

――最後にメッセージをお願いします。

【庄司】1年間、ご視聴いただき、ありがとうございます。もう少しで本編も終わってしまいますが最後まで応援よろしくお願いします! 映画も期待して、ご覧いただければと思います。

【工藤】1年間、ご視聴ありがとうございました。キラメイジャーが1年間で、どうやって成長して最終決戦に向けて戦うのか最後まで見届けていただきたいなと思います。映画もありますので、映画もキラメイジャーらしく、見ていてハッピーな気持ちになれると思います。そちらも、ぜひ楽しんで観ていただけたらと思います。

【水石】1年間、キラメイジャーそして僕たちの役を愛してくださって、ありがとうございました。すごく楽しい1年でした。キラメイジャーが終わる寂しさは、みなさんと同じだと思います。公開される映画で『ゼンカイジャー』への期待もふくらませて、僕らの映画も楽しんでいただければ。これからもスーパー戦隊を応援してくだされば幸いです。

【新條】1年間、キラメイジャーをご視聴いただき、本当にありがとうございました。キラメイジャーはとても楽しくてキラキラした作品。この楽しさやキラキラが伝わればいいなと思ってやっていました。楽しんでいただけましたでしょうか? 伝わって楽しんでいただけたのなら、私たちもうれしいです。映画もあるので、まだまだ楽しみにしてください!

【木原】「人が輝いて生きる」ということが題材でキラメイジャーが始まりました。人が生きていく上で、とても大事なことなんじゃないかなと思うんです。きっと、このキラメイジャーで、きっかけができたと思う。自分のキラメキ方、輝き方を模索して、時にキラメイジャーを思い出していただけると幸いです。ありがとうございました。

【小宮】1年間、ご視聴ありがとうございました。この1年、逆に皆さんに支えられたというのが多い1年でした。こういうご時世でイベントがなくなり、皆さんに会える機会はなくなってしまいましたが、SNSなどで皆さんの声を見ることで支えられていました。これからもキラメイジャー、そして僕たちをずっと好きでいてくれるように誠心誠意、最後まで頑張らせていただきます。劇場版は大人の方も子どもたちも全員が楽しめる作品です。ぜひ、劇場に足をお運びください。本当に、ありがとうございました!

■『魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE ビー・バップ・ドリーム』あらすじ
充瑠と為朝が目覚めると… そこは海!?
眠りから目を覚まさない人々が各地で続出し、無鈴もその情報をキャッチ。
宝路も眠ったまま…。
瀬奈、時雨、小夜はマブシーナから“ドリームストーン”が悪用されている可能性を聞き、夢の世界へダイブ!
夢を自在に操る魔女のマエストロ・ミンジョに立ち向かえ! キラメイジャー!
夢の中でも、そのキラメンタルでみんなを救えるのか!?


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 全員が同等の扱いだったのが何より良かった。赤だけがパワーアップして行く(ジュウオウジャー等)のはかなりモヤモヤする。ゴーアローも全員が使っていたし。いい作品だった。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 「キラキラ輝くために僕らはめぐり逢ったと思うから」の歌詞どおり、どんどんキラメキを増して磨き上げられて、良い最終回でした。ありがとうキラメイジャー。
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定