得点認められた後にFK蹴り直し…プレミアで不可解な判定、指揮官は困惑

0

2021年02月28日 13:00  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真WBA対ブライトンは主審の判定をめぐり大混乱となった [写真]=Getty Images
WBA対ブライトンは主審の判定をめぐり大混乱となった [写真]=Getty Images
 27日に行われたプレミアリーグの試合で下された判定が物議をかもしている。イギリスメディア『BBC』や『スカイスポーツ』などが伝えている。

 プレミアリーグ第26節が行われ、ウェスト・ブロムウィッチ(WBA)とブライトンが対戦。1−0でWBAがリードして迎えた28分、コナー・ギャラガーがゴール前でファウルをしてブライトンがFKを獲得。リー・メイソン主審が笛を吹いた瞬間にルイス・ダンクがシュートをすると、壁の位置を指示していたGKの逆側へと蹴り込み、ゴールネットを揺らした。

 しかし、直後に再び笛を吹いたメイソン主審は一度蹴り直しを命じる。この判定にブライトンの選手たちが猛抗議を見せると、メイソン主審は得点を認める笛を鳴らした。すると、今度はこの判定にWBAの選手たちが猛抗議。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入し、メイソン主審がオンフィールドレビューをした結果、FKは蹴り直しとなった。これを決めることができなかったブライトンは、この試合2度のPK失敗などもあり、0−1で敗れている。

 同点弾が認められなかったダンクは試合後、「審判に『蹴っていいか?』と聞いた。彼が笛を吹いたのでボールを蹴った」とメイソン主審とのやりとりを明かし、不満を口にした。

「なぜ彼は僕と同じようにここに来て皆の前で話さないんだ?彼らがこの問題から隠れることはできない。彼が何をしたのか理解をしていないのだと思う。彼はゴールを認めた。ではなぜ彼は認めたんだ?VARが関与した理由がわからない」

 また、ブライトンのグレアム・ポッター監督も試合後、「なんの笛だったか分からない」と語り、より状況を明確に説明する必要があると主張した。

「私が知っている限りでは、ルイス・ダンクがすぐ蹴っていいかと聞いて、審判がイエスと言った後に笛が鳴った。その後2回目の笛が鳴ったが、それがどういう意味なのかはわからない。いまだに理由は分からないし、いら立たしいものだ。ピッチの上には混乱があり、さらにピッチ外の誰かが決定を下すとその状況はより悪化してしまう」

 一方、勝利を手にしたWBAのサム・アラダイス監督は、「いまや素早くFKを蹴っていいのかが分からない。ここ2、3年そういったゴールを見ることはできていないと思う。だから、今回それが認められず、1−0で勝利することができて良かった」と語りつつ、「もし私が彼(ダンク)なら失望しているだろう」と理解を示した。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定