「令和のON」を探せ。プロ野球の未来を担う魅惑のスラッガーコンビは?

3

2021年03月01日 06:51  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

 全球団の春季キャンプが無観客での実施になるなど、プロ野球界もいまだにコロナ禍の真っただ中にある。

 野球に限らず、文化は常に人類の豊かな生活に寄り添ってきた。鬱屈した日々を吹き飛ばすような野球が見たい。そんな思いを抱く野球ファンも多いに違いない。

 そこで今回は「令和のONを探せ」というテーマで、いずれプロ球界の大看板になりうる大器たちを紹介していこう。

「ON」とは、言わずと知れた王貞治(ソフトバンク会長)と長嶋茂雄(巨人終身名誉監督)の頭文字である。1965年〜1973年の巨人V9時代をはじめ、プロ野球を国民的娯楽へと押し上げた昭和の大スターである。

 ONを引き合いに出す以上、単純に左右の若手の大砲を並べるだけでは芸がない。ONのように、野球に関心の薄い層までも惹きつける不思議な引力を持った選手をピックアップしてみたい。新時代の旗手ということで、今回は23歳以下の選手から選出した。

 令和のON誕生にもっとも近いのは、ヤクルトだろう。すでにO役の左打者は村上宗隆(21歳)という若きスターがいる。プロ2年目の2019年には184三振を喫しながら首脳陣の辛抱強い起用に応え、36本塁打をマーク。昨季は打率.307、28本塁打と確実性も増している。令和の大打者として、着実に階段を上っている。

 高くそびえたつ村上の肩に並ぶにはよほどの好素材でなければ難しい。それでも令和のN役として可能性を感じるのは、濱田太貴(20歳)である。

 大型スラッガーの村上と比べると体はひと回り小さいが、とにかく豪快なスイングを見せる。空振りを恐れず、大きなフォロースルーで相手投手にプレッシャーをかける。多少の失敗は大目に見たくなる、見る者に希望を抱かせる右打者だ。

 2018年のドラフト4位指名だが、ドラフト前には濱田の練習への取り組みを疑問視するスカウトもいたという。だが、綿密な調査の末にヤクルトは指名を決断。昨季は一軍で33試合に起用され、3本塁打と片鱗を見せている。

 濱田の才能が開花すれば、1歳違いの村上との息の長いコンビが形成されそうだ。




 阪神の佐藤輝明(21歳)、井上広大(19歳)は待望の地元出身のスター候補である。

 佐藤は昨年のドラフト会議で4球団の重複1位指名を受け、抽選の末に阪神が交渉権を獲得した左のスラッガー。バットで天を突くような日本人離れした猛スイングで、春先の実戦から結果を残している。

 対応力に課題は残すものの、他者からの評価に無頓着な鋼のメンタルは最大の武器と言っていいだろう。たとえ今後、プロの壁にぶつかったとしても、地に足をつけて一歩一歩、前進していける選手だ。

 甲子園球場の近所で生まれ育ち、小学6年時には12球団ジュニアトーナメントの阪神ジュニアに選出された(ただし、故障で出番はランナーコーチのみ)。そんなバックグラウンドも、ドラマ性をかき立てる。

 井上は2018年夏の甲子園決勝で星稜・奥川恭伸(現ヤクルト)から3ラン本塁打を放つなど、大会3本塁打で優勝に貢献した甲子園の星。同年のドラフト2位指名を受け、阪神に入団した右の大型打者である。

 昨季はファームで9本塁打を放ち、シーズン終盤には一軍も6試合経験。英才教育を施されていたが、今春キャンプの練習中に左膝打撲の故障を負ってしまった。早期復帰できることを祈りたい。

 チーム事情から今季ブレイクしてもらわないと困るのは、日本ハムの清宮幸太郎(21歳)、野村佑希(20歳)の左右の両大砲である。

 2017年ドラフトで高校生史上最多タイとなる7球団の重複1位指名を受けて入団した清宮は、入団以来3年連続で7本塁打に終わっている。年齢を考えれば十分な経過にも思えるが、同期入団のヤクルト・村上がリーグを代表するスラッガーになった現在、清宮への風当たりは厳しい。

 清宮に高い期待を寄せ、起用する栗山英樹監督に対する批判の声も大きくなってきた。それでも、練習でのスイングを見れば、打球の伸びは若手の間で図抜けている。早く実戦できっかけをつかみたいところだ。

 野村は清宮から1年遅れ、2018年ドラフト2位で入団。数々の名選手を発掘してきた大ベテラン・今成泰章スカウトに「どうしてもほしかったバッター」と言わしめる右の長距離砲だ。

 力強さよりも、柔らかく運ぶようなスイングが特徴。昨季は右手小指骨折による長期離脱に泣いたものの開幕スタメンを勝ち取り、21試合で打率.257、3本塁打を記録した。今季はフルシーズン万全に戦えたら、大ブレイクの期待もふくらむ。

 ただ、これは清宮にも言えることながら、守備面にネックがある。打ち取った当たりを着実にアウトにする、レギュラー三塁手としての守備力を身につけられるかが、成否を分けそうだ。

◆村上、清宮、安田は本物のスラッガーか。門田博光がこだわりの大診断>>

 村上、清宮と同期でロッテに入団した安田尚憲(21歳)は、昨季は井口資仁監督の抜擢により一軍で規定打席に到達した。4番打者として87試合で起用され、打率.221、6本塁打、54打点。ソフトバンクとのクライマックスシリーズでは本塁打を放つなど活躍したものの、まだ試用期間の感は否めない。昨季は腰の故障で長期離脱したレアードが復帰する今季、真価が問われそうだ。

 左のホープが安田なら、右のホープは山口航輝(20歳)。明桜高2年時までは秋田県内でしのぎを削る金足農・吉田輝星(現日本ハム)以上と評判の好投手だった。だが、2年夏の秋田大会決勝で一塁帰塁時に右肩を脱臼。その後は打者として力をつけ、2018年ドラフト4位でロッテに入団している。

 183センチ、97キロの厚みのある体は打席に入るとさらに大きく見える。自分のタイミングでスイングできた際の打球は破壊力抜群。2年目の昨季はファーム70試合で打率.258、7本塁打とまずまずの成績を残した。今春キャンプでは松中信彦臨時コーチに師事し、打撃技術を伝授されている。

 安田、山口が大化けすれば、ロッテとしては珍しい高卒の和製大砲コンビになる。近年、育成に力を入れるロッテに新たな伝統を築けるだろうか。

 その他にも、期待値込みで近未来の左右の看板打者になりうる好素材を球団別に挙げてみよう。

▼ソフトバンク
(左)笹川吉康(18歳) (右)リチャード(21歳) 井上朋也(18歳)

▼西武
(左)高木渉(21歳) (右)渡部健人(22歳)

▼楽天
(左)黒川史陽(19歳) 武藤敦貴(19歳) (右)該当者なし

▼オリックス
(左)来田涼斗(18歳) (右)紅林弘太郎(19歳)

▼巨人
(左)秋広優人(18歳) (右)菊田拡和(19歳)

▼中日
(左)根尾昂(20歳) (右)石川昂弥(19歳)

▼DeNA
(左)森敬斗(19歳) 小深田大地(17歳) (右)細川成也(22歳)

▼広島
(左)林晃汰(20歳) 木下元秀(19歳) (右)中村奨成(21歳)

 現時点では長距離砲タイプではない打者も混じっているが、将来的に大変身する可能性を秘めたスケール感も加味している。

 果たして、このなかから「令和のON」と呼ぶにふさわしい大スターは誕生するのか。それとも、意外な伏兵が出現するのか。次世代の金の卵たちが孵化(ふか)する瞬間は間もなく訪れるはずだ。

このニュースに関するつぶやき

  • いつまでONONって昭和の価値観持ち出してくるの。 https://mixi.at/a4RnRSK
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ISOかな����ʴ򤷤�����(井上・佐藤・大山)����
    • イイネ!5
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定