岡崎紗絵、シングルマザー役で『監察医 朝顔』出演 「じんわりと暖かい空気感が伝われば」

0

2021年03月01日 07:21  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真岡崎紗絵『監察医 朝顔』(c)フジテレビ
岡崎紗絵『監察医 朝顔』(c)フジテレビ

 岡崎紗絵が、フジテレビ月9ドラマ『監察医 朝顔』の第17話(3月8日放送)に出演することがわかった。


【写真】『教場ll』出演時の岡崎紗絵


 『週刊漫画サンデー』(実業之日本社)で連載されていた法医学者と刑事という異色の父娘を描いた同名医療漫画をドラマ化した本作。続編では、2019年夏クール放送の第1シーズンと同様に各話で、主人公で法医学者の万木朝顔(上野樹里)と、父でベテラン刑事の万木平(時任三郎)たちが、さまざまな事件と遺体に相対していく。そして、前作よりも深く、東日本大震災と母の死に朝顔が向き合っていく姿が描かれる。


 『トレース〜科捜研の男〜』(フジテレビ系)以来2年ぶりの月9ドラマ出演となる岡崎が演じるのは、自身初のシングルマザー役となる田崎直子。わが子が亡くなった中で、“何かを隠している”という背景を持つ役どころとなる。


 第17話では、朝顔たちのもとに生後8カ月の乳児の遺体が運ばれてくる。母親の田崎直子(岡崎紗絵)が食事の準備で目を離した隙に亡くなっていたそうで、朝顔たちが解剖をした結果、プラスチック製のおもちゃが気管に詰まったことによる窒息死であることが分かった。乳児が誤っておもちゃを飲み込んでしまったのではないかと推察する朝顔だったが、野毛山署の刑事たちは虐待の可能性はないかと問う。乳児の遺体で気になるところは、背中が赤く腫れていることくらいで、ただし、これも飲み込んだものを吐かせようと直子がたたいたからだと思われ、虐待を示す痕跡は見られず、なぜ刑事が虐待を疑うのか戸惑う朝顔。しかし刑事は、幼い子どもが亡くなった際にはやはり虐待の可能性を考慮する必要があると述べ、その上で、直子はシングルマザーで生活が苦しかったらしく、さらに乳児が亡くなってからの態度がどこか人ごとのようで悲しんでいるように見えないのだと言う。当の直子は、無表情でスマホを打ちながら法医学教室前で待っていたが、解剖が終わったことを告げられると、乳児の遺体には「会いたくない」と言い残して帰ってしまい、そのまま連絡が取れなくなる。


■岡崎紗絵 コメント
・出演の感想


嬉しかったです。それと同時に難しい役でもあったので緊張感もありました。シリーズで続いている人気作品に携わることが出来たことをとても光栄に思います。


・演じた感想


葛藤のサイズが大きいので、超えるところがたくさんあってとても難しかったです。手探りでやりながら、キャストの皆さんの空気にも助けて頂いて、田崎直子を創りました。やはり相手があってのお芝居だと改めて実感しました。


・撮影現場の様子


とても明るくて笑顔に溢れていて、チーム感がしっかりある現場だと思いました。上野さんをはじめキャストの皆さんが優しく迎え入れてくださって、安心して現場にいることが出来ました。学びがたくさんあってとても勉強になりました。


・視聴者へメッセージ


“当たり前”とはなんなのか。人それぞれの受け入れ方、物の見方があるのだと改めて考えさせられるお話になっていると思います。私自身、このドラマの暖かい空気に触れて気持ちが軽くなるような感覚がありました。このじんわりと暖かい空気感が伝われば幸いです。


・プロデューサー・金城綾香(フジテレビ第一制作室) コメント


お子さんを亡くした母親の役を演じてくださいました。『教場供戮任領篭い眼差しと打って変わって、光のない無気力な目をしており、真意は物語の最後までわかりません。ただ岡崎さんのお芝居が彼女の未来の方向性をちゃんと示してくださっていますので、ぜひ楽しみにご覧ください!


(リアルサウンド編集部)


    ニュース設定