ドコモが「ahamo」を値下げ 5分通話定額付きで月額2700円に

149

2021年03月01日 10:32  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真20代の約9割が、何らかの形で音声通話を利用している
20代の約9割が、何らかの形で音声通話を利用している

 NTTドコモが、3月26日に開始する新料金プラン「ahamo」の料金を改定した。



【その他の画像】



 これまで、ahamoは月額2980円(税別、以下同)で20GBのデータ通信と、5分通話定額を利用できるという内容だったが、これらの内容は変えず、料金を2980円から2700円に改定する。



 auの「povo」とソフトバンク「LINEMO」は、5分通話定額を外して月額2480円としているが、ahamoではこの動きには追随せず、5分通話定額を含めている。



 その理由についてドコモ営業本部長の鳥塚滋人氏は「20代の9割が何らかの形で音声通話を利用している。社会人になって発生する、音声通話でしか対応できないシーンがある。例えば病院の予約、市役所などの公的機関での問い合わせなど、細やかな音声通話需要がある」と話す。



 povoとLINEもは5分通話定額を付けると月額2980円となるが、ahamoは2700円とすることで、追加料金を支払うことなく、かつ競合サービスよりも安くなるようにした。


このニュースに関するつぶやき

  • 20GBが良いか・・・今までのキャリアメールが良いか・・・
    • イイネ!6
    • コメント 1件
  • そのまま請求額を減らせば良いだけなのに別プラン別ブランドにするのがよく分からないですね。ようは面倒くさがって手続きしない人や分からない人からふんだくろうと言う事なんですよね。 https://mixi.at/a4RJL53
    • イイネ!66
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(95件)

ニュース設定