『青天を衝け』“栄一”吉沢亮と“秋帆”玉木宏の再会にネット感動「胸熱だった」

0

2021年03月01日 20:02  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真大河ドラマ『青天を衝け』第3回「栄一、仕事はじめ」場面写真 (C)NHK
大河ドラマ『青天を衝け』第3回「栄一、仕事はじめ」場面写真 (C)NHK
 俳優の吉沢亮が主演を務める大河ドラマ『青天を衝け』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)第3回が2月28日に放送。栄一(吉沢)と高島秋帆(玉木宏)の再会に視聴者から「胸熱だった」などの声が集まるほか、栄一の初めての商売の成功に「将来への伏線」「商売のセンスすごい」などの反響が寄せられた。

【写真】“栄一”吉沢亮は“父・市郎右衛門”小林薫とともに江戸へ

 幕府の保守派の陰謀により投獄されていた砲術家の秋帆は釈放され、江戸に向かうことに。秋帆と偶然にも再会した栄一は、少年時代に秋帆と交わした会話を思い出す。秋帆もまた、栄一とした会話を覚えていた。「このままではこの国は終わる。誰かが国を守らねば」と少年時代の栄一に訴えていた秋帆。栄一はその言葉に「俺が守ってやんべ。この国を」と答えていた。

 秋帆は、成長した栄一に向けて「私はあの夜、お前の言葉に力をもらった」「お前も励め。必ず励め。頼んだぞ」と力強く言葉を送る。秋帆と栄一の再会に視聴者からは「胸熱だった」「感動して涙出ました」「秋帆との再会が栄一の心を動かす!」など感動の声が相次いだ。

 その年、栄一の村は藍葉の不作により窮地に陥ってしまう。栄一は父を助けるため、自ら藍の買い付けに行きたいと訴える。最初は心配していた母・ゑい(和久井映見)だったが、栄一を信じて買い付けに行かせることに。栄一はそこで父の買い付けに同行しながら覚えた藍の鑑定をし、目利きを発揮する。そろばんを叩きながら、来年のことまで頭に入れ、買い付けをする栄一。そんな栄一を父の市郎右衛門(小林薫)は「よくやった」と褒めるのだった。

 一方、家慶(吉幾三)が亡くなり、次期将軍候補に名前が挙がった慶喜(草なぎ剛)。実の親の斉昭(竹中直人)は大いに期待するが、慶喜は「当てにされても困るのです。私にはこの先、将軍になる望みはございませぬ」と言い放ち、反発する。親から「当てにしてほしい」と考える栄一と、「当てにされては困る」と考える慶喜。2人はまたもや対照的に描かれていた。斉昭と対峙し、慶喜が弓を射るシーンには「最高に良かった」「惚れ惚れしました」「品格があって美し過ぎる」など視聴者から絶賛の声が集まった。

 「栄一、仕事はじめ」というタイトルの通り、栄一の初めての商売が描かれた第3回。視聴者からは「将来への伏線ですね」「これが渋沢栄一の商売」「商売の格好良さを描くぞという強い意志を感じる」「若き栄一の商売のセンスすごい」など反響が寄せられている。
    ニュース設定