【おちょやん】第63回見どころ カフェーキネマの情報網

0

2021年03月02日 08:15  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真カフェーキネマで千代(杉咲花)と話しをする、純子(めがね)、真理(吉川愛)、洋子(阿部純子)、京子(朝見心)=連続テレビ小説『おちょやん』第13週・第63回より (C)NHK
カフェーキネマで千代(杉咲花)と話しをする、純子(めがね)、真理(吉川愛)、洋子(阿部純子)、京子(朝見心)=連続テレビ小説『おちょやん』第13週・第63回より (C)NHK
 NHKで放送中の連続テレビ小説『おちょやん』(月〜土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。3月3日放送の第13週・第63回の見どころは?

【画像】板谷由夏が登場

 千代(杉咲花)は一平(成田凌)を連れ出し、京都に向かった。それは、一平の母親から襲名を説得してもらえば、きっと一平も納得するに違いないと思いついたからだった。しかし、捜索は想像以上に難航する。次第に一平は、あきらめモード…。千代は、わずかな望みをかけてカフェーキネマの情報網を頼ることに。夜、店の常連客に聞き込みを続ける二人。あることをきっかけに、自分の母、夕(板谷由夏)の手がかりをつかむのだった…。

 本作は、大正から昭和にかけて活躍し、「大阪のお母さん」として親しまれ、上方女優の代名詞とも言われた浪花千栄子さんをモデルに、ヒロイン・竹井千代(主演:杉咲花)の波乱万丈な半生を、『半沢直樹』(2013年)などの脚本家・八津弘幸氏がオリジナルで描く。全115回(23週)。5月15日(土)が最終回(本編の最終回は5月14日、15日は最終週の振り返り)。
    ニュース設定