板垣李光人、初の全頭ブリーチ“金髪姿” 「似合ってる」「髪色キレイ」反響続々

0

2021年03月02日 10:48  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真板垣李光人のインスタグラムより(事務所許諾済み)
板垣李光人のインスタグラムより(事務所許諾済み)
 俳優の板垣李光人(19)が2日、自身のインスタグラムを更新。4月1日放送スタートの読売テレビ・日本テレビ系『プラチナイト モクドラF』枠『カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。〜』(毎週木曜 後11:59※全10話)に主演することを報告するとともに、役柄に合わせた初の全頭ブリーチ“金髪姿”を公開した。

【写真】板垣李光人が“ジェンダーレス男子”に変身

 ドラマは、漫画雑誌『FEEL YOUNG』(祥伝社刊)で連載中の、ためこう氏によるコミック『ジェンダーレス男子に愛されています。』を実写化。吉川愛演じる美しいものが大好きだけど、仕事に夢中になるあまり自分自身のおしゃれは二の次になっている漫画誌の編集者・町田和子(わこ)、板垣演じるメイクも完璧なファッションショップ店員・相馬周(めぐる)の、“かわいすぎる2人”によるフレッシュなラブストーリーを描く。

 板垣は、インスタを通じて「『カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。〜』に相馬周役で出演します! なんと、吉川愛さんとのW主演です」と紹介し「不安もありますが、とにかく楽しみたいと思います」と意気込み。

 続けて「髪をめぐるくん仕様にしました。今まで襟足だけとか表面だけのブリーチはありましたが、全頭は初です…」とつづり「メイクとファッションの幅ひろがりそうな予感…」と写真を公開した。

 投稿にフォロワーからは「本当に実写するなら李光人くんしか浮かばないなとか思ってたらガチで李光人くんがリアルめぐるくんになっちゃうからビックリしました。とても楽しみです」「ちゃ、茶髪、、良い、、」「おめでとうございます!!! 髪色キレイ」「髪の毛似合ってる。ドラマ始まるまで漫画で予習してきます」など、ドラマへの出演や髪色への反響コメントが届いている。

 なお、ドラマの脚本は坪田文氏、監督は熊坂出氏と、2020年夏に放送され好評を博した同枠(今作より『木曜ドラマF』から改名)連ドラ『おじさんはカワイイものがお好き。』を手掛けたスタッフが再集結。

 懸命に働く一方、周の愛情を受け止めて自由に生きる楽しさを知っていくという、和子の明るく親しみやすい魅力を体現する吉川と、大好きな和子に一途な愛を捧げ、美しいだけでなく時に強い一面ものぞかせる周として新たな一面を引き出す板垣。それぞれの多彩な表情に注目だ。
    ニュース設定