シント・トロイデン所属の橋岡大樹、SNSでベルギーデビューの心境語る「個人としては一歩前進」

0

2021年03月02日 10:53  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真ベルギーデビューを飾った、シント・トロイデンの橋岡 [写真]=STVV
ベルギーデビューを飾った、シント・トロイデンの橋岡 [写真]=STVV
 シント・トロイデンに所属する日本代表DF橋岡大樹が1日、自身のTwitterを更新。ベルギーデビューについて、自身の心境を綴っている。

 現在21歳の橋岡は、今年1月31日に浦和レッズからシント・トロイデンに2022年6月30日までのローン移籍で加入することが発表された。2月28日のジュピラー・プロ・リーグ第28節オイペン戦(0●2)では後半64分からピッチに立ち、移籍後初出場を果たしている。

 橋岡は、自身のTwitterで以下のようにデビュー戦の感想を綴っている。

「ベルギーリーグデビューする事が出来ました。チームは負けてしまいましたが、個人としては一歩前進しました。チームの勝利に一つでも多く貢献出来るように頑張ります。まずは次の試合に向けて良い準備をします」

 シント・トロイデンは5日、敵地での第29節シャルルロワ戦を控えている。

https://twitter.com/hashiokadaiki/status/1366367341873827845
    ニュース設定