メイクの仕方がわからなくなっちゃった!子育て中のママから「なんだかしっくりこない」と共感の声が

3

2021年03月02日 15:01  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ

子育て真っ最中のママなら、きっとノーメイクが続く日だってあるでしょう。忙しくて自分自身に費やす時間もないママはもちろん、赤ちゃんがいるからあえてメイクをせずに過ごしているママもいるかもしれませんね。筆者も産後、育児休業を終える1年半くらいの期間、ほぼ毎日ノーメイクでした。困ったことにノーメイク生活に慣れてしまうと、とても快適! 子どもと寝落ちしてもメイク落としのことを考えなくてもよいのですから。ちょっとした買い物なら、すっぴんの顔をマスクで隠して出かけてしまう日々。しかし久しぶりに友人に会うとき、

「あれ、どうやってメイクするんだっけ?」

と、ふとメイクの仕方がわからないことに気がついたのです。

「メイクがしっくりこない!」「どうやってメイクするんだっけ?」と悩むママたち



ママスタコミュニティには筆者同様、メイクに悩むママたちの声が寄せられていました。
『子どもが産まれてからメイク道具の勉強や購入をサボりすぎて、今はどんな風にメイクすればいいか、どこから揃え直したらいいか完全にわからなくなりました』
『年齢とともに、今までのメイクが決まらなくなったような。何をやっても決まらなくて、やり方がわからなくなっちゃった。メイクで変わっていける感じが楽しかったのになぁ』
『子どもを産む前までは、つけまつげとアイラインがマストアイテムだったんだけどねぇ』
『若いころはメイクするのが楽しかった! 目がデカくなるし、キレイになれた気がしていたの。今はアラを隠す感じね。アラを隠したところでキレイになったとは言いがたい感じ』
『自分がしたいメイクと年齢との狭間で迷走中』
『目の周りにぐるっとアイライン引いちゃったりして、若いころの全盛期メイクしたくなりません? 古いメイクをするから「おばさんメイク」になっちゃうんだよね』
子どものため、そして家族のため、なりふり構わず過ごしてきたママだからこそのお悩みかもしれませんね。年齢も重ね、時間とともに今までのメイクではしっくりいかなくなってしまったようです。

ママになった今、実際にどんなメイクをしているの?


メイク方法に悩むママたちは、実際のところどんなメイクで過ごしているのでしょうか?
『BBクリーム塗ってから、眉毛を描くだけよ。誰も私のことなんて見ていないだろうし(笑)』
『眉毛はアートメイク。まつげパーマもしたよ。あとは日焼け止めを塗って、アイシャドウするくらい』
『メイクの勉強とまではいかないけれど、シンプルにキレイに見えるよう「年相応に」を心がけている。家族と出かけるときにはちょっと濃いめに、学校行事やママ友との付き合いならナチュラルに』
『マスクをしていれば隠れるし、メイクなんてしない!』
メイク方法は人によってさまざま。マスクをする時期なら鼻から下は隠せますし、なかにはノーメイクを貫いているママも。しかし「簡単に」「ナチュラルに」メイクを済ませるところは、ママたちの共通点とも言えそうです。

年齢を重ねた今、メイクをするうえで気をつけていることは?


子育てをしていると、どうしてもメイクに疎くなってしまいがち。ママたちがメイクをするうえで気をつけていることには、どのようなことがあるのでしょうか。
『流行りのポイントだけは、おさえておかないとなぁと思っている。SNSで美容の達人を見て、トレンドを頭に入れておく』
『眉毛は時代が出やすいから、気をつけている』
『シミを隠したくて一生懸命コンシーラやファンデーションを使っていたけれど、時間が経つとほうれい線にシワができちゃう。隠したいのに薄くしなきゃいけないなんて……』
SNSや雑誌などで、流行りのメイクをチェックしているママもいるようです。筆者も育児休業を終える前、アイシャドウやファンデーションをSNSで検索して新調しました! 年齢に合ったメイク方法やメイク道具なども紹介されており、「便利な世の中だなぁ」としみじみ感じました。

メイクよりも「お肌のケア」を見なおしている



若かりし頃、「化粧をすると、どんどん顔が変わっていく様を見ているのが楽しかった」とママたち。年齢を重ねた今「簡単でナチュラル」を目指すママたちから、基本的なお肌のケアを見なおす声も寄せられました。
『メイク道具よりも、年齢的に基礎化粧品を変えているよ。子どもが大きくなってゆっくりお風呂にも入れるようになったし、スキンケアをしっかりするようになった!』
『若いころ使用していた化粧水や乳液をやめて、年齢に合ったものに変えてみたよ。肌がいい感じだ!』
『メイクも大事だけど、素肌のケアに重点をおくようになったな』
筆者もここ最近、長年愛用していたメイク落としや洗顔フォーム、化粧水などを見なおしはじめました。「畑の土作り」のように、土壌となる肌を改良するところから見なおそうと「お試しセット」なるものをいろいろと試している最中です。値段がお高めのものはやはり肌質がよくなって「いいな」と実感できます。しかし大事なのは、コストパフォーマンス。早いところ、納得がいくスキンケア用品に出会いたいものです。

ママたちが悩んでいるメイクやお肌ケア。若かりし頃とは違う、年齢を重ねた自身の顔だちや肌質に合ったメイク方法や、お肌ケアをじっくり探ってみるのもいいかもしれません。

文・吉岡可奈 編集・藤まゆ花

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • やらされ、苦痛、女性差別なのに何で止めないの?ヒールや何やでも騒いだでしょ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定