『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護! 坂上忍は広告関連会社のせいに…高須クリニックは番組スポンサー

11

2021年03月02日 15:21  リテラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リテラ

写真2月23日、怒涛の高須擁護を繰り広げた『バイキングMORE』
2月23日、怒涛の高須擁護を繰り広げた『バイキングMORE』

 愛知県の大村秀章知事に対するリコール運動をめぐる、大量の不正署名問題。アルバイトを動員して署名を偽造させていたことまで判明し、組織ぐるみだったことを示唆する証拠や証言が相次いでいる。団体代表として運動を主導してきた高須クリニックの高須克弥院長や事務局長の田中孝博氏は、事態を明らかにし説明する責任がある。



 にもかかわらず、高須氏は、2月22日に開いた会見でもSNSでも、なんら客観的証拠を示すこともなく、「私がやるわけない」などと繰り返すばかり。クラウドファンディングを含むお金の流れや、メールの履歴、高須氏・田中氏ら事務局幹部の当時の動向など、解明のために明らかにすべきことは山ほどあるが、なんら説明責任を果たしていない。



 ところが、そんな高須氏を全力擁護する番組があった。『バイキングMORE』(フジテレビ)だ。



 2月23日放送の同番組では、まず、前日におこなわれた会見で、高須氏が「全責任は僕にある」「こんな貧乏たらしいこと、するわけがない。もしやるなら、もっと堂々と大掛かりにやります」「僕ならもっと大がかりで堂々とやる」などと主張する場面をVTRで紹介。



 前述のとおり、なんら説得力のある説明も反論もしていないのだが、ここから『バイキング』出演者たちは、怒涛の高須擁護を繰り広げたのである。



 まずは、MCの坂上忍がこんなふうに高須氏の人柄とやらを語り出す。



「捜査中とのことなので、あまり軽々には言えないんですけれども、僕、高須さんとは何回もお話しさせていただいているんで、高須さんはもう、自分の主張はハッキリ言うけれども、自分でここは自分があまりよろしくなかったなと思ったら、そこは潔く謝れる方でもあるので。だから、え、高須さん、こんなことに関わるとは、僕はちょっと思えないんですけど。ねえ、ヒロミさん、でも、会見でもねえ、僕がやるんだったらもっと大がかりに大胆にやりますよ!って(笑)。まあ、それはやっちゃいけないんですけど(笑)」



 普段、弱小芸能人の不祥事やスキャンダルに説教をかましまくっているのに、「潔く謝れる方」「こんなことに関わるとはちょっと思えない」って。あげく「やるならもっと大がかりにやる」などという高須氏の暴論を笑い話に矮小化させた。



 ヒロミも坂上に同調して、笑いながらこんなふうに高須氏をかばう。



「いけないんだろうけど。でも、まあ高須さんのキャラクター的に言うと、こんなことはしそうもないっていうのは、全然そう思うし。かなり怒ってるから、自分の知らないところで何かが起きてるのか、まだわかんないけど、何かあるんだろうけど。でも、これ高須さんじゃなかったら、もっと相当叩かれる。やっぱりキャラクターがわかってるし、僕らちょっと高須さんのこと知ってるから、こんなことやるわけないよなっていう思いもあるから、あれだけど。普通の人が、この会見やって、もっと大がかりにやるなんて言ったら、もっと大変なことになると思うけど(笑)」



●ブラマヨ小杉はいまさら「スパイがやったんちゃうか」と陰謀論



言っておくが、高須氏は直接的な関与の有無にかかわらず、前代未聞の不正がおこなわれたリコール運動の責任者、団体代表として運動の詳細や会計を説明し、不正の実態を解明する責任があるのだ。



 ところが、坂上もヒロミもその責任を問うことは一切せず、「高須さん、こんなことに関わるとは、僕はちょっと思えない」「僕らちょっと高須さんのこと知ってるから、こんなことやるわけないよなって」などと、高須院長の“無実”をひたすら主張し続けたのだ。



 さらにブラックマヨネーズの小杉竜一にいたっては、いまさら例の陰謀論を持ち出していた。



「こんなん絶対バレるじゃないですか。偽造やったら。そうなると、なんかいろいろ、テレビの見過ぎかもしれませんけど、送り込まれたスパイがやったんちゃうかとか、これ潰しみたいな人間がいたんちゃうかと思ってしまうくらい、杜撰な方法というか」



 送り込まれたスパイというのは、高須支持のネトウヨ連中が口にしている荒唐無稽な陰謀論そのものだが、まさか公共の電波で持ち出すとは……。しかし、こんなトンデモにも、MCの坂上らは突っ込むわけでもなく、「闇を感じるんですよね」などともっともそうに応じる。



 また、伊藤利尋アナが、アルバイトを動員しての署名偽造についてパネルで解説すると、元時事通信の政治ジャーナリスト・泉宏氏までがこんな解説を始めた。



「こういうことが起こるということ自体が非常に問題なんですけど。政治を見る立場から言うと、大村知事と河村市長の、過去に協力したり反対したり、いろんな経過の挙句がこういうことになって。田中事務局長は、選挙に出るということで、維新が愛知にももっとやるんだっていうので出る立場だから。そうするとそれを邪魔する勢力がやったのかとかね、それこそ(小杉が)言われたようにね。どこがというのは、政治的に見ても非常に闇が深いですね。」



なんと、リコール不正は田中事務局長が維新から衆院選に出ることを妨害するために仕掛けられたというのである。



●坂上忍は事務局幹部から出された発注書を広告関連会社の「架空発注書」と



 さらに、ネトウヨ芸人のブラマヨ吉田敬は「高須先生の評判を下げるためのスパイ説にしても稚拙じゃないですか。高須先生のためにちょっとでも票を増やすっていう方向やとしても稚拙じゃないですか。成人式に暴れてる奴並みに何考えてるのかわからん。何がしたくてやってんのやろうって」と、まるで愉快犯が勝手にやったような一方的推理を開陳する



 いや、吉田だけではない。この日の『バイキング』では、多くの出演者が「すぐにばれるのに」「手口が稚拙すぎる」などと強調することで、「リコール運動の主催団体が組織ぐるみでそんなことをやるはずがない」という結論に持っていこうとしていた。



 しかし、今回のリコール不正は、ボランティアの告発や勝手に名前を使われたという地方議員の告発があったから選管が調査に乗り出したもの。それがなかったら、全数調査はおこなわれていない。しかも、当初は告発があっても高須院長らは頑なに調査を拒否していた。ようするに、不正は「稚拙」「すぐにばれる」どころか、闇に葬られていた可能性も十分にあったのだ。



 しかも、署名偽造には多額の金がかかっており、普通に考えれば、リコールを成立させたい、あるいは署名者数を多く見せたい団体関係者が指示したと考えるのが普通だろう。



 しかも、この日の『バイキング』に呆れたのは、リコール不正は組織、事務局ぐるみだったことを疑わせる証言や証拠が続々出てきているのに、それを無視したり、荒唐無稽な解釈で他に罪をなすりつけようとしていたことだ。



 たとえば、事務局幹部から広告関連会社G社へ出された発注書。『バイキング』では、G社が事務局幹部のものとみられる発注書を県警に提出済みであること、田中事務局長らは事務局の関与を否定していることが解説されたのだが、坂上はこんなことを言い出した。



「事務局から発注書が送られたという形にはなっているけれども、事務局の誰か、田中さんでも高須さんでもない誰かが内緒で、二人に内緒で発注書を送ったのか、あとは、広告関連会社のほうが架空発注書っていうパターンも、可能性はどうなの?」



 実際に大量のアルバイトを動員し会場を抑え、番組の試算でも約800万円もの金がかかっているのに、広告関連会社はなんのメリットがあって架空発注書をつくるというのか。ちなみにその後の報道によると、今年に入ってから事務局幹部は広告関連会社に対して発注書の返還を繰り返し要求し、「返してほしい。あれがなければ大丈夫」と述べていたという。



しかも、坂上は広告関連会社のコメントについてもこう批判していた。



「『捜査中だから差し控えさせていただきます』ってよく政治家さんも使う常套句だったりするんですけど、後ろめたさがなかったら、捜査中だろうがなんだろうが、喋れることは喋れるし、電話もかけちゃうし、ああいうことなんじゃないんですか、やっぱり」



 高須院長や事務局の関与に関しては高須氏の主張に丸乗りし無茶苦茶な論理で擁護する一方、署名偽造に関わった広告関連会社については、明らかに犯人扱いして責任を追及するのだから、開いた口が塞がらない。



●高須院長は「バイキング出演者はお金で発言をコロコロ変える二流芸能人でない」と絶賛



 この日の『バイキング』はとにかく最初から最後までこんな調子で、ほとんどの出演者が競うように、高須院長は悪くない、責任はないと繰り返していた。



いったいなぜこんな極端な放送内容になったのか。最大の原因はやはりスポンサーへの忖度だろう。実は、高須クリニックは『バイキング』の番組スポンサーなのだ。



実際、同番組はこれまでも高須氏のヨイショ密着特集やインタビューなどを、しょっちゅうおこなってきた。



 2017年に当時民進党の大西健介衆院議員が国会で美容クリニックのCMの問題点について取り上げたことを、名誉毀損だとイチャモンをつけ大西議員や党を訴えた際も、訴訟中にもかかわらず、高須氏の主張に丸乗りする特集を展開(その後、1審2審とも高須氏が敗訴)。ネットでは、忖度ではないかと批判の声が上がった。



 また、今回のリコール署名で不正の告発が相次いでいた1月にも、そうした問題には一切触れず、高須氏のがん闘病について特集をしていた。



 そして、この日の『バイキング』についても、あまりの高須院長擁護ぶりに、ネットで「高須擁護がひどい」「忖度」「スポンサーだから」などと大きな批判の声が巻き起こっていた。



 こうした番組批判に対し、当の高須院長はツイッターでこう反論している。



〈スポットではありません。高須クリニックは番組スポンサーです。 スポンサーは番組内容に介入しません。 バイキングに出演している方々はお金で発言をコロコロ変えるような二流の芸能人とはカテゴリーが違います。筋が通っています。 怒りをおぼえます。あなたに謝罪を求めます。〉(2月24日)



 しかし、高須院長が介入しなくても、番組や出演者が忖度している可能性は十分あるだろう。高須院長は同番組には信念を絶対に曲げない「一流芸能人」が勢ぞろいしていると思っているようだが、この日の放送内容を見るかぎり、とてもそうは思えない。普段とあまりに違いすぎるからだ。



 ブラマヨ吉田はともかく、坂上やヒロミの発言が他のときと違いすぎるからだ。彼らは右翼的な思想の持ち主ではないし、ある程度の情報リテラシーもある。実際、政権の不祥事が起きても、辛坊治郎氏や八代英輝弁護士のような陰謀論やメディア批判へのすり替えを口にすることはあまりなく、むしろ、他のワイドショーよりも踏み込んだ批判をすることのほうが多い。それが高須院長に対しては説明責任すら求めず、最初から必死で「高須さんがこんなことに関わるはずがない」とかばい続けたのである。



出演者の一人である横粂勝仁弁護士の態度にも違和感を感じざるを得なかった。横粂弁護士は24日に更新した自身のYou Tubeでは、「個人的に思うのは(署名偽造に)800万円程度かけて、リコールされたくない側のスパイというのは無理がある。お金をかけずに混乱させる手法はあるので」とリコール反対派の陰謀説に否定的な見解を語っているのだが、この日はブラマヨ小杉や泉氏が口にするスパイ説、陰謀説に一切異論を挟まなかった。



●スポンサータブーに加え『サンデーモーニング』に抗議文でさらに忖度するマスコミ



 いずれにしても、この日の『バイキング』がスポンサーである高須院長に配慮・忖度していたのは間違いない。民主主義の根幹を揺るがす大事件でも、相手がスポンサーとなると、なんの批判もせず全面擁護してしまうというのがいまのテレビの現実であることを思い知らされたと言っていいだろう。



実際、リコール不正への偏向的な姿勢は『バイキング』だけではない。『スッキリ』や『ひるおび!』でも高須氏や河村市長らの責任に対する追及は甘かったし、他のワイドショーはこの問題を避け続けている。



 しかも、こうしたスポンサータブーの一方で、この問題を批判的に取り上げた『サンデーモーニング』(TBS)に対して高須院長が法的措置もチラつかせて抗議文を送ったことで、テレビの忖度はさらに深刻になっている。



リコール不正が民主主義を揺るがす重大犯罪であることはもちろんだが、金のあるところになびくこうしたマスコミの姿勢もまた、現在進行形で民主主義の崩壊を招いている大きな原因であることを自覚すべきだろう。

(編集部)


このニュースに関するつぶやき

  • これで高須が捕まればバイキングをBPOに訴えればいい。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ���塼���å�(^q^)���塼���å�基地外リテラ
    • イイネ!21
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

前日のランキングへ

ニュース設定