LDHが格闘技にエール HIRO発起人で世界の頂点を目指す次世代格闘家発掘へ

4

2021年03月03日 04:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真EXILE HIRO=LDH martial artsが「格闘家育成プロジェクト」を始動
EXILE HIRO=LDH martial artsが「格闘家育成プロジェクト」を始動
 EXILEや三代目 J SOUL BRTOTHERSが所属するLDHのグループ会社「LDH martial arts」が、夢を追う格闘家を応援する新たな企画「格闘家育成プロジェクト」を始動することが、わかった。格闘技の世界の頂点を夢見るダイヤの原石を発掘し、世界トップレベルを知るコーチが育成していく。

【写真】「格闘家育成プロジェクト」の中心となる高⾕裕之選手

 LDHはこれまでもアーティスト発掘のオーディションをはじめ、小学生のフットサル大会「EXILE CUP」や小中学生のダンス大会「DANCE CUP」など、子供たちや若者の夢を応援することを目的としたさまざまなプロジェクトを立ち上げてきた。格闘家の夢を応援するプロジェクトは、初めてとなる。

 発起人は、多数のプロジェクトを手掛けてきたEXILE HIRO。LDH所属の総合格闘家で元DREAMフェザー級世界王座の高谷裕之、世界最高峰の総合格闘技団体UFCでタイトル挑戦の実績を持つ岡見勇信が中心となって、選手の育成に取り組む。

 さらにLDHが培ってきたエンターテインメントを格闘技と融合させ、格闘技ファンのみならず幅広い世代を視野に入れたイベントなども計画。アーティストもプロジェクトに参画予定で、新たな格闘技エンタメを創造しながら「世界の頂点を目指す日本人格闘家を輩出すること」を目指していく。

 また、昨年に現役引退した高谷が格闘技やトレーニングの事業を手掛けているように、選手寿命の限られる格闘家が第一線を退いた後に、指導者やイベントプロデュースといった新たなステージに挑戦し活躍できる環境を開拓することで、格闘家の未来も応援していきたいという思いも込める。

 HIROは「昔から僕自身も格闘技の大ファンでしたが、表現の仕方や見え方は違えど、見ている方に夢や感動、熱狂や興奮を与えるという点では、格闘技もエンターテインメントも通ずるものがあると感じています」と格闘技のポテンシャルに期待する。

 2000年代のPRIDE・K-1による格闘技ブームは収束し、ここ数年でRIZINが盛り上がりを見せているが、本場・UFCのブームは世界規模で広がっており、トップ選手は1試合で5億円を超えるファイトマネーを獲得する。日本でも全盛期の熱狂をもう一度呼び起こし、UFCに挑戦できるファイターをLDHが応援していく。

このニュースに関するつぶやき

  • 格闘技と音楽ライブを融合したイベントを秋に計画してるらしいがみんながみんなEXILE好きではないぞexclamation & question
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • くっさ〜
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ニュース設定