首都圏バス各社、「バス特」サービスを3月末で終了

71

2021年03月03日 09:11  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

首都圏の複数のバス事業者は、PASMOとSuicaで提供しているバス利用特典サービスを、3月31日をもって終了する。

バス利用特典サービスは、PASMO・Suicaのストアードフェア(SF)を利用してバスに乗車すると、バスポイントが貯まり、1か月ごとのバスポイントに応じて、特典バスチケットが付与されるもの。

3月31日でのサービス終了を発表しているのは、西武バス、西武観光バス、東武バス、関東バス、小田急バス、川崎市バス、相鉄バス、茨城急行バス、富士急バスなど。伊豆箱根バスでは3月25日、江ノ電バスは3月28日、横浜タウンバスは4月4日にサービス終了となる。

サービス開始から13年が経過した現在、ICカードでの運賃支払いが定着し、カードの普及促進という当初の目的を達せられたものとして、サービスを終了する。

付与された特典バスチケットは通常通り、両社とも付与日から10年間利用できる。

■関連記事 「バス特」終了事業者相次ぐ 国際興業バス・西東京バスが今春終了

このニュースに関するつぶやき

  • この特典知らない人 多いですよね。一般人と話するとああ… 納得する人も結構多いです。個人的には、かなり残念ですがそもそもバス共通カードからSuica PASMO に移行する上でバスカードと同じ還元率にしたのでは…
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • いや、、ICカードの普及促進というのが目的では無く、回数券のおまけ分を金額に換算して、還元するというのが、本来の目的だったでしょう?
    • イイネ!34
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(36件)

ニュース設定