カンニング竹山 「ウイグル問題」拷問、レイプの証言は見過ごせない!

0

2021年03月03日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真カンニング竹山さん(撮影/今村拓馬)
カンニング竹山さん(撮影/今村拓馬)
 中国・新疆ウイグル自治区で起きている問題をインターネットテレビで取り上げてきたお笑い芸人カンニング竹山さん。取材を重ねていくうちに同じ地球上で同じ人間がやっている行為として「見過ごせない!」と憤る。

*  *  *
 先週土曜日、ABEMATVの「カンニング竹山土曜TheNight」で生放送2時間「ウイグル問題第三弾!」をやったんですよ。この番組では第1弾、第2弾と日本ウイグル協会の方をゲストに呼んだりして、ウイグルで何が行われているかということを取り上げてきました。今回取材をしたのはウイグル人の女性で再教育施設と呼ばれる実質の強制収容所にもいた経験を持つ方でした。その女性の夫がパキスタン人で、パキスタンと中国は仲がいいからパキスタンに家族で逃げたら危ないかもしれないということでワシントンに家族で亡命したんです。その女性にリモートで5時間取材をさせてもらいました。

 今回の女性の取材も含め、いろいろな方々からの証言を聞いていくと、想像をはるかに超える本当に酷い話なんですよ。今現在、こんなことが行われているの? これ、ナチス党政権がアウシュビッツ強制収容所でやっていたことと一緒じゃないか? 

 中国政府の考えでは、ウイグル人は“教育”が足りないからテロや犯罪を犯す可能性があるとして再教育施設に入れるとされており、男性は顔に黒い袋をかぶせられ強制収容される。家にはその妻や子どもたちが残るわけです。家に残された妻と子どもの元にはそこに暮らしている人数と同じ数の中国人が毎月10日間送り込まれます。これは中国政府がウイグル人との一致団結のために設けた“親戚関係”という制度で、今回取材した女性の夫は収容され、子どもが3人いたので合計4人の中国人が10日間寝泊まりしたそうです。

 20歳の中国人男性の“親戚”から“これから家に行くから女の子をお風呂に入れてキレイにしておけ”と言われたという証言もあり、子どもが女の子だったら性的虐待をされたり、妻もレイプされたりしているかもしれない。男性は再教育施設に入れられているから、女性や子どもでは抵抗はできない。

 レイプや拷問はされなくても、その“親戚”たちは中国共産党が送ったスパイなわけですよ。ウイグル人から中国のことをどう思っているか聞き出したり、特に子どもたちからも聞き出しているんです。要は、子どものから話を聞けば、その親がどう思っているかわかるから。

“親戚”はもてなさないといけないとされていて、滞在している間宴会をするんですけど、ウイグル自治区に住んでいる人はイスラム教徒が多く、宗教上飲めないお酒や食べられない肉を“親戚”が強要するそうです。イスラム教自体を改宗させるつもりなのかコーランも焼いてしまう。そういうことがまかり通っているようで、ワシントンからリモートで取材を受けてくれたウイグル人の女性は涙を流しながら話して、通訳の人も泣いていました。

 とんでもないことが今現在行われているんだけど、結局、どうにかしようというのは次の次の話になるから、土曜に放送した番組ではまず知ってもらおうと。色々な利害関係があるのかもしれないけれども、地上波のテレビ番組でも勇気を持って流さなければいけないことだと思うんですね。

 中国との利害関係はあるけれども、アメリカのCNNやイギリスのBBCもウイグル問題をヤバイぞって報道し始めているんですよね。アメリカは中国がウイグル人にやっていることはジェノサイド(民族大量虐殺)だと認めています。日本はというと、番組で外務省に質問状を出したら「いい方向に行くように外務省としては検討いたします」みたいな回答しかないわけですよ。

 本当にウイグルでこんな酷いことが行われていることを知らないといけないと思うんですよ。東京新聞とか僕の故郷の西日本新聞ではウイグル問題を報じていることもあるんです。日本と中国の経済関係もあるけれども、臭い物に蓋をするじゃなくてウイグルで今どんな酷いことが行われているかを日本のメディアも報じるべきです。今回、こうして僕がこの連載で語るみたいに、他の日本のメディアも取り上げようよ! 日本のみんなにも知ってもらわないとダメだと思うんです。

 今この瞬間にも何が行われているかわからない。拷問、性的虐待、虐殺、臓器狩りが行われているかもしれない。そんなのはウソだって思うかもしれないけれども、証言をしているウイグル人が何人も出てきているわけですよ。そこをちょっと考えないか?

 番組でも話したんですけれども、ウイグル問題を知って“中国人、このヤロー!”というのは違う。なぜならば、中国に住む人たちはウイグル自治区で中国共産党がやっていることを知らない可能性もある。もしかしたら中国国内では知らなくても、日本に来て知って“ウソだろ?”って言うかもしれない。だから、”このヤロー”と責めるのではなく本当のことを教えなければいけないと思う。

 人権だ、ジェンダーだって、日本でも差別に対する議論も盛んになってきたけど、本当に酷いことが地球上で行われていることを見過ごしていいのか? その差別は放っておいていいのかい? あまりにも見過ごせない。人間として、こんなことが地球上で起きていて許せない。己の事ばかり考えていないで、いい加減、メディアは報じませんか? 今回の番組は放送後1週間は無料で視聴ができます。涙で語る証言は見られたもんじゃないから見てください!

■カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在は全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ。オンラインサロン「竹山報道局」は、ネットでCAMPFIRE を検索→CAMPFIREページ内でカンニング竹山を検索→カンニング竹山オンラインサロン限定番組竹山報道局から会員登録

【おすすめ記事】カンニング竹山「売れっ子・出川哲朗がバラエティー収録でスタッフを怒った理由」


    ニュース設定