「勅使河原」…この名字、読めますか? いけばなの草月流の家元の名字としても有名です

6

2021年03月03日 12:10  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

写真写真

「勅使河原」…この名字、読めますか? 姓氏研究家・森岡浩氏が日本人の難読名字を紹介します。

【画像】読み方は…こちら

   ◇   ◇

漢字4文字の難読名字。よく似た名字に「勅使川原」があり、読みはともに「てしがわら」。漢字4文字の名字としては、この2つがとくに多い。

ルーツは武蔵国賀美郡勅使河原(埼玉県児玉郡上里町勅使河原)という地名で、武蔵七党と呼ばれる武士団の一つ、丹(たん)党の一族がここに住んで勅使河原氏を称したのが祖である。

「勅使」とは本来「ちょくし」と読み、天皇の勅旨を伝える使者のこと。この付近には天皇家に納める田んぼ「勅使田」があったことから、付近が「勅使河原」という地名になったのではないか、といわれている。読み方も「ちょくしがわら」から「てしがわら」に変化したのだろう。

鎌倉時代勅使河原有直は源頼朝に従い、南北朝時代の直重は南朝に属して新田義貞に従うなど、勅使河原一族はこの付近に根を張った在地勢力だった。

現在は関東地方、宮城県、濃尾平野の3ヶ所に集中しており、とくに仙台市に多い。いけばなの草月流の家元の名字としても知られる。

◆森岡 浩 姓氏研究家。1961年高知県生まれ。早稲田大学政経学部卒。学生時代から独学で名字を研究、文献だけにとらわれず、地名学、民俗学などを幅広く取り入れながら、実証的な研究を続ける。NHK「日本人のおなまえっ!」にコメンテーターとして出演中。著書は「47都道府県名字百科」「全国名字大事典」「日本名門名家大事典」など多数。

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • お隣の国発祥の教会で新体操の有名人と合同結婚式で結婚しそこなった人。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 新体操の山崎浩子の元夫でしたよねexclamation & questionワイドショーでよく見ました。
    • イイネ!20
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(6件)

前日のランキングへ

ニュース設定